運気を上げる2月以外の恵方参りと「チャンスの神様」

2023.08.12 Sat

今年の節分で
1、今年の恵方は住んでいる場所から南30度の範囲にある神社(仏閣・教会・モスク)へ行く
2、その神社(仏閣・教会・モスク)にて恵方の神様に「チャンスをください」という儀式をする
と恵方とりについてお伝えしましたが、節分が過ぎたからもう行っても意味がないというわけではありません。
一年に何回か行って同じことをすることをお勧めします。
2月から半年経ちましたので、そろそろその時期かもしれません。

2月4日から幸運を引き寄せる「恵方詣」とは?

そして、『チャンスの神様は醜い』という言葉を皆さんにもう一度お伝えしておきたいと思います。
これはどういうことかと言うと、自分の不得意な人、不得意な事、普通だったら嫌だな〜と感じること。
それらを総じて『醜い』と表現しています。

実は私自身、あるプロジェクトを仕掛けているところなのですが、どうしても担当者が苦手です。
電話連絡を取らないといけない状況になると、その苦手意識から気弱になってしまいます。
昨日もちょっとそんなことがあった時、スタッフが私に、
「芳子さん、チャンスの神様は醜いんですよね!!芳子さんが苦手なこの人がチャンスの神様です」
と言われて『!!!』と思いました。

思い切って連絡をしたら、瓢箪から駒のような提案をいただきました。
そして改めて、『チャンスの神様は醜い』と言う言葉を認識したところです。

まだ恵方とりをしていない方、ぜひ今からでも遅くないので、恵方とりに行ってみてください。
そしてすでに行かれている方は、再度行ってみる時期かもしれません。
そして改めて『恵方の神様、チャンスの神様は醜い』と言うことを言い聞かせた上で、チャンスを逃さないようにしてくださいね。

関連記事

  • うらやましくなるフィンランドの少子化対策

    フィンランドは北欧諸国の中でも子育てに手厚い制度が整っていることで知られてきましたが、近年出生率が下がっているというニュースを聞くようになりました。 女性がキャ…

  • ケンタッキーフライドチキン・カーネルサンダース氏の裏話

    テレビを見ていると、よくケンタッキーフライドチキンのコマーシャルが目に止まります。 ケンタッキーフライドチキンの生みの親であるハーランド・デイヴィッド・サンダー…

  • 献血は社会的責務?北欧諸国の献血事情

    私の知り合いに、以前家族が手術を受けた際、血液が足らなくて大変な思いをした人がいます。 彼はそれ以来、毎月一回は必ず献血に行くようにしているそうです。 スウェー…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。