すごく背伸びをして買ってもらった、思い出の結婚指輪のリメイク

2016.06.01 Wed

私が夫と結婚したのは、まだカナダの大学に通っている時でした。
夫は私より先に社会人として仕事をしていましたが、まだ貯金もあまりなく、 二人でBerksという宝石店に何度も通って、かなり背伸びをして素敵な指輪を買ってもらいました。

unnamed

上の方のボリュームのあるのが婚約指輪、そして下の方の優しいカーブを描く方が、結婚指輪。
二つを合わせた感じをとても気に入っていました。
 
ところが出産を重ねるたびにふくよかに。
気がつけば、指輪はきつすぎて、お直しをしない限り身につけられなくなってしまいました。
 
大学生の頃、聴講生(社会人の学修生)のアイリーンという女性の結婚25周年記念のパーティーで、彼女がリフォームしたとっても素敵な結婚指輪を見せてくれたのを思い出しました。
「単純にリングのサイズだけを大きくすると、デザインが間の抜けたものになってしまうので、新しいデザインで作り直しをしてもらったの。」と言っていたのを覚えていました。
 
お直しと言っても、どうせなら素敵なデザインに作り直してもらいたいと思うと、なかなか良いところが見つかりませんでした。
そんな時に、とても素敵なデザイナーさんを紹介され、きつくて身につけられなかったリングセットがこんな素敵に生まれ変わりました。
 
unnamed
 
デザイナーさんの勧めで、結婚指輪の方はピンキーリング(小指にはめる指輪)にして形をそのまま残し、婚約指輪を私が普段いつもしているピアスとよく似た花型にし、11月の誕生石のトパーズを私の好きなブルーで花の蕾に見立てて仕上げてくれました。
 
そしてその蕾に使ったブルートパーズと同じものでピアスにつけられるチャームまで作ってくれました。
夫に最初に見せたのですが、夫も気に入ってくれました。
特にピンキーリングとして結婚指輪を残したのが正解でした。

関連記事

  • 日本の昔話をモチーフにした叔父の愛しい絵たち

    叔父の五十嵐健二氏(昭和18年生まれ)は造形作家で、生涯通じて非常に面白い活動をしてきました。 武蔵野美術大学を卒業後、五関張り子の蓮見豊七氏に従事し、その後は…

  • 感動したお葬式の挨拶

    私の所属している国際的な社会奉仕連合団体「ロータリークラブ」のメンバーさんが先月お亡くなりになりました。 あまりに急なお知らせだったので、事務局に電話で確認した…

  • 7月限定の半額セール「PAIKKA」優秀ペットグッズが50%オフ

    フィンランドのペット用品ブランド「PAIKKA」が、2021年7月限定で全品50%オフの半額セールを実施中です! どれも大事なペットに最高の環境を与えられるグッ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。