休みたいの休めないと思っているとき、
つい見落としがちなこと

2016.03.09 Wed

西表島の件があってから、スケジュール表に、自分が休暇を取る期日を先に入れてしまうようにしています。
そうすることで、いままで「休めない、休みがとれない。」と嘆いていた悩みがなくなりました。
 
人間っておかしなもので、メンタルブロックが自分自身ではまったくわからないことが多々あります。
通常私のカレンダーにはオンエアーの予定など、2、3ヶ月前から予定が入り始めます。
ですからそれより前に、休暇をとりたい期日を決めて、ブロックしてしまえば、仕事は入りません。
そんな単純なことにも気がつかず、ひたすら仕事ばかりを優先していた私。
本当におバカさんでした。
 
そんな私が西表島後、最初にとった大型の休暇は、ニューカレドニアでした。
メトル島という小さな島のリゾートは、ラグーンの景色が絶景で、テレビのCMでみたような水上コテージに宿泊しました。
コテージのデッキには外階段がついていて、そこから海に入れます。

ニューカレド

そこではフランス語が公用語で、現地の本当に大きな女性たちが優雅な動きで仕事をしています。
怒鳴っているのは、ドイツ人のコックだけ。
アイランドタイムというのでしょうか?のんびりと生活をしている人たちは、料理が冷めようと、あまり気にしない様子。

ニューカレド2

そこで初めてのスパを体験しました。
施術する人が男性なのには驚きましたが、その人が施術後、私に言いました。
「あなた、今のまま体と心を酷使していると、早死にしてしまいますよ!」と。
 
「ダイビングをしなさい。そうすれば、自分の身の回りの安全のために沢山のゲージや機材に集中しなくてはいけなくて、仕事のことを考えていられなくなる。ジムへ行って、ランニングマシンに乗ったところで、いろいろなことが頭をよぎる。それではダメなんです。
とにかく日常のことを一切考えられない状況をつくること。それがあなたにとって、重要だと思う。」
と、一生懸命に英語で説明してくれました。
 
これがダイビングをしてみようと思ったきっかけになったことは事実で、彼の言葉には今でも感謝しています。

【お知らせ】
東京都における、新型コロナウイルスの急激な新規感染者の増加状況に鑑み、
残念ながら、2022年1月10日(祝)のお茶会は延期することにいたしました。
また落ち着きましたら、改めて開催させて頂きたく思います。

関連記事

  • お金がどんどん入ってくる。起業してわかった『宇宙の法則』の魔力

    会社を作ったばかりでまだ起業家として日々奮闘していた時期は、資金繰りにとても苦労しました。 起業の先輩からは 「とにかく取引先への支払いが最重要で、次に重要なの…

  • 年の瀬のご挨拶

    海外出張に出かけると、日本に戻る飛行機の中で今後の計画についていろいろと考えるのが習慣でした。 上空から見える富士山を確認すると、いつも新しいエネルギーが満ちて…

  • さまざまなチャリティーで社会貢献して、見えてきたこと

    欧米では「自分自身ができる範囲で他者を助ける」という社会貢献が、社会のメンバーとして必要だと認識されています。 私も小さな頃はガールスカウトに入団していたので、…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。