6月20日は『世界難民の日』

2024.06.27 Thu

6月20日は『世界難民の日』でした。
『世界難民の日』は難民の保護と支援に対する関心を高め、世界各地で続けられている難民支援活動への理解を深めるために、2000年12月に国連総会で制定されました。

私たち(株式会社アルトスター)はワールドビジョンを介して今現在色々な国の子供達8名のサポートをしていますので、よく色々なニュースが入ってきます。
難民のほぼ三分の一の家庭が子供を学校に通わせることができていませんし、教育費を完全に賄える家庭はわずか11%だそうです。
避難民キャンプの子供達は、他の場所に暮らす子供たちと比べて、強制労働を強いられるリスクが2倍になるそうです。
多くの家庭では収入も食料も得られないそうです。
過酷な状況下で生き抜くために、子供達は学校を辞めさせられて働いたり、ひどい場合は強制的に結婚を強要させられるのが現実だそうです。
子供達が元気な笑顔を取り戻せるように、少しでもいいので、手を差し伸べてみませんか?
難民支援募金

関連記事

  • うらやましくなるフィンランドの少子化対策

    フィンランドは北欧諸国の中でも子育てに手厚い制度が整っていることで知られてきましたが、近年出生率が下がっているというニュースを聞くようになりました。 女性がキャ…

  • ケンタッキーフライドチキン・カーネルサンダース氏の裏話

    テレビを見ていると、よくケンタッキーフライドチキンのコマーシャルが目に止まります。 ケンタッキーフライドチキンの生みの親であるハーランド・デイヴィッド・サンダー…

  • 献血は社会的責務?北欧諸国の献血事情

    私の知り合いに、以前家族が手術を受けた際、血液が足らなくて大変な思いをした人がいます。 彼はそれ以来、毎月一回は必ず献血に行くようにしているそうです。 スウェー…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。