「父の日」の意外な海外事情

2024.06.19 Wed

先日は父でしたが、日は国によって異なると知っていましたか?
デンマークは6月の第3ですが、スウエーデンとルウエーは11月第2
デンマークはビールとかワインをプレゼントすることが多いとのに対し、スウエーデンはケーキとネクタイをプレゼントにすることが多いそうです
フィンランドも北欧一つですが。は6月第2。特別な意味のあるギフトが選ばれるそうです
イタリアでは3月19と決まっていて、は聖ヨセフに捧げられているそうです
カトリック伝統において、イエス的存在ということなでしょう。
を敬う」というコンセプトは一緒でも、国によって随分と違うだと気づきました。
海外の年間行事について調べてみると、文化の違いを感じておもしろいですね。

関連記事

  • うらやましくなるフィンランドの少子化対策

    フィンランドは北欧諸国の中でも子育てに手厚い制度が整っていることで知られてきましたが、近年出生率が下がっているというニュースを聞くようになりました。 女性がキャ…

  • ケンタッキーフライドチキン・カーネルサンダース氏の裏話

    テレビを見ていると、よくケンタッキーフライドチキンのコマーシャルが目に止まります。 ケンタッキーフライドチキンの生みの親であるハーランド・デイヴィッド・サンダー…

  • 献血は社会的責務?北欧諸国の献血事情

    私の知り合いに、以前家族が手術を受けた際、血液が足らなくて大変な思いをした人がいます。 彼はそれ以来、毎月一回は必ず献血に行くようにしているそうです。 スウェー…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。