心のモヤモヤを解消する「書く瞑想」とは

2024.06.09 Sun

みなさんは『ジャーナリング』(Journaling)という言葉を聞いたことありますか?
『ジャーナリング』とは心のモヤモヤを書き出していく行為のことを指します。

海外では『ジャーナリング』=『書く瞑想』とも言われています。
1日の終わりにその日にあった出来事をノートなどに書き出していくのですが、特にストレス、イライラ、怒り、悲しみなどのネガティブな感情を書き出すことで、健全に自分の感情の処理ができ、心の平穏を取り戻すのに役立ちます。

実は私が起業した当時、本当に毎日が大変で、自分自身のあるべき姿と本質があまりにかけ離れていることがストレスで、よく『机の下に潜りたい症候群』になりました。
この『机の下に潜りたい症候群』というのは私が作った造語なのですが、とにかく誰にも会いたくないので、暗幕をかぶって机の下に潜ってしまいたい・・・・ということが多々ありました。

そんな時、誰にも言えない自分の中の嫌なこと、悔しいこと、悲しいことをただただ書き出していました。
そうすることで、気持ちが軽くなり、夜眠るときに、ネガティブなことを思い起こして悶々とするということが少なくなったのを覚えています。

デトックスというと、体内に取り込んだ毒素を排毒することと捉えやすいのですが、心にもデトックスは必要です。心と体はリンクしていますから、そのどちらも良好な状態に保ことが重要です。

みなさんも、ジャーナリングを試してみませんか?

関連記事

  • 心のモヤモヤを解消する「書く瞑想」とは

    みなさんは『ジャーナリング』(Journaling)という言葉を聞いたことありますか? 『ジャーナリング』とは心のモヤモヤを書き出していく行為のことを指します。…

  • 穏やかに暮らす『魂の喜ぶ生き方』のすすめ

    私自身が目標としている生き方は『魂の喜ぶ生き方』です。 『魂の喜ぶ生き方』というのは、自分自身のうちなる本当の欲求や価値観に従って自己認識をし、成長し、満たされ…

  • 自分らしく生きるヒントになる「リーディング」

    前回吉報学についてブログに書きましたが、吉報学は人生において有意義なものだと実感しています。 吉報学は、昔から中国や日本では「占い」「国家のマネージメント」「戦…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。