病気の7割は〇〇から

2024.02.10 Sat

去年1年間、全く病気にならず元気に過ごせてい私は、
「やっとこれで休める」
と思っ12月30日に風邪ひきまし
最初は喉が変だな〜という程度でしが、31日には「風邪ひいみたいと感じるくらいの体感はりまし

年末年始に遊びにきてい友人は、
「ねえねえ、熱を測ってよ。」
と言っては頻繁に熱を計測させます。
「38度」「37.8度」「36.3度」
言われるびに検温し私は、思わずこう聞きました。

「ねえ、熱を測ってどうするの?何にも変わらないし、逆に数字が高いと、さらに病気になりそうだから、ない方がいいのよ」
「いや、わかっ方がいいでしょう?対応できるから」

そうこうするうちに友人が自分の体温まで測り始めました。
どうしの?」
「ちょっと心配だから検温しておく」
とのこと。
『え???そんな調子じゃ絶対に病気になるわ・・・・』
内心そう思っていたら、案の定、次の日の夕方には37.3度に。
〜調子悪い・・・・薬飲んで寝るわ。」
とお布団にくるまる友人。
その後も37度前後の熱が2日間にわって出ていましが、友人は自分で病気を引き寄せと思っています。
というのも、私は熱が出だけで、咳が出わけではなく、飛沫感染が考えにくいからです。
喧嘩になるといけないのでそれ以上は何も言いませんでしが、『7割くらいの病は気から』というのが私の考えです。
体調管理しつつ、心も丈夫でいたいものですね。

関連記事

  • 心のモヤモヤを解消する「書く瞑想」とは

    みなさんは『ジャーナリング』(Journaling)という言葉を聞いたことありますか? 『ジャーナリング』とは心のモヤモヤを書き出していく行為のことを指します。…

  • 穏やかに暮らす『魂の喜ぶ生き方』のすすめ

    私自身が目標としている生き方は『魂の喜ぶ生き方』です。 『魂の喜ぶ生き方』というのは、自分自身のうちなる本当の欲求や価値観に従って自己認識をし、成長し、満たされ…

  • 自分らしく生きるヒントになる「リーディング」

    前回吉報学についてブログに書きましたが、吉報学は人生において有意義なものだと実感しています。 吉報学は、昔から中国や日本では「占い」「国家のマネージメント」「戦…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。