2020年ぶりの展示会で顔を合わせたビジネスパートナーに言われたこと

2024.01.31 Wed

1月8日から13日まで、ドイツ・フランクフルトで行われたハイムテキスタイルに行ってきました。

最後に展示会に行ったのが2020年の1月、ちょうど武漢で怖いウイルス性の伝染病が始まったようだと騒がれていて、中国企業がほとんどを占めている10号館にはいかない方がいいという噂が立ち始めていたときでした。

私自身はまだ日本政府が公に渡航を支援していない2022年8月から海外に出ていましたが、一緒に行ったスタッフ3名は2020年1月ぶりの展示会で、いつも以上に興奮していました。

私もこの業界で仕事をすること25年、いろいろな取引先に面識があります。展示会場を歩き回ると、見慣れた顔に出逢いました。
なかには別会社に移籍した人もいましたが、皆顔見知りですので、話が弾みます。

今では別のデンマーク企業に転職をしたKeneth(左奥)と、コンサルタントに転職をしたTony(前列)と。

そんな中、デンマークのパートナーであるChristian(後方中央)が、
「芳子、こうして久しぶりに会った仲間たちとも会話が弾んで仕事ができる信頼関係ってすごくいいよね!」
と一言。

私自身も久しぶりに会う面々とついこの間まで一緒だったような感覚で会話できる喜びに浸っていたところで、同じ方向を向いて仕事をしているという安心感も心地よく
「私もそう思う!」
と言いました。

日本からドイツまで飛んで、ドイツでタイや中国、デンマークやイタリアからやってきた人たちと久しぶりに顔を合わせて仕事の話ができるのは『当たり前のこと』ではありません。

コロナがあったからこそ、そう感じられました。
あと何年こういう現場に携われるかわかりませんが、一瞬一瞬を大切にしたいと改めて思いました。

関連記事

  • 世界唯一のエンペラー・天皇陛下の継承問題

    日本の皇室が世界で一番長く続いていると言われています。 世界中にキングやプリンスはいますが、エンペラーという称号で呼ばれるのは日本の天皇陛下だけです。 ただ、問…

  • iPadの授業やChat GPT のセミナーで驚いたAI時代の波

    若い頃、よく祖母がテレビを見ていて 「いまの歌番組に出てくる人たちはみんな同じに見えて、誰が誰だかよくわからないよ」 「全く次々に新しいことが出てきて私は時代に…

  • 臓器ドナーが歩くHonor Walk(名誉行進)とは

    皆さんはHonor Walk(名誉行進)をご存知でしょうか? 海外、主に北米で死亡した人が臓器ドナーとして臓器提供をしてくれる際に、病室から手術室までの道のりを…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。