お正月のパーキングエリアで見た悲しい光景

2024.01.03 Wed

お正月を都内で過ごし、今日高崎に向かう関越自動車道のパーキングエリアでの出来事。
トイレに行くとき、身障者のための駐車スペースからかなり体の大きな男性がやっとのことで車椅子に乗り込み、かなり重い障害が足にある様子の男性がゆっくりと車椅子を押して行くのを見かけました。

その後、コーヒーを購入して車に戻り出発しようとしたら、目の前のもう一つの障害者用駐車スペースに大きな車が止まり、なかから元気そうな男女四人が降りてきました。

この四人はどこに支障があるわけでもなく、単純に障害者用のパーキングが一番トイレの入り口に近いから停めたのでしょう。
全く悪びれた気配もなく、そのままトイレに向かっていきました。

私の友人が
「全く自分だけ良ければいいと思っているみたいだね。あの助手席の女の人が、身障者の駐車スペースを指差してそこに止めるように指示していたみたいだけれど、どう見ても、どこも悪くないよね!」
と言いました。

よく使う駅前の駐車場にも、障害者用の駐車スペースが5台あるのですが、平気でそこに駐車する人が後を断ちません。
確かにかなり混み合っている駐車場に、全く使われていない障害者用の駐車スペースが5台も空いていると、
「使えたらな〜」
というふうに思うこともあります。

でも、障害者スペースは車椅子を横に置いて、そこにスライドできるように十分なスペースが取られている場所。
普通の駐車スペースではうまく乗り降りできません。

やはり思いやりを持って、優しい気持ちで弱者を守る。
そんな心がけが大切なのではないでしょうか?

関連記事

  • 世界唯一のエンペラー・天皇陛下の継承問題

    日本の皇室が世界で一番長く続いていると言われています。 世界中にキングやプリンスはいますが、エンペラーという称号で呼ばれるのは日本の天皇陛下だけです。 ただ、問…

  • iPadの授業やChat GPT のセミナーで驚いたAI時代の波

    若い頃、よく祖母がテレビを見ていて 「いまの歌番組に出てくる人たちはみんな同じに見えて、誰が誰だかよくわからないよ」 「全く次々に新しいことが出てきて私は時代に…

  • 臓器ドナーが歩くHonor Walk(名誉行進)とは

    皆さんはHonor Walk(名誉行進)をご存知でしょうか? 海外、主に北米で死亡した人が臓器ドナーとして臓器提供をしてくれる際に、病室から手術室までの道のりを…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。