Well-beingな犬の生活

2023.09.03 Sun

私のパートナー犬は黒ラブのエイスくんで、もうじき5歳になります。
こちらは、太すぎる牛の脛の骨と格闘中のエイスくんです。

エイスくんはドッグトレーニングアイズという犬の幼稚園に通っています。
幼稚園は通常週4回なのですが、先代のパブロくんの時から週5日登園しています。
毎朝8時ちょっと過ぎに、園長の吉井先生が大きなスクールバスで各家を回り、ワンちゃんをピックアップして登園となります。

エイスくんは訓練協議会にも参加しています。
一番大きな警察犬の大会前は、毎週大会を実施する霧ヶ峰まで行って現地に慣れさせるという大変な力の入れ用です。

昨年までは制服姿の人を怖がっていたエイスくん。
警察犬の競技会に出れば、お巡りさんがいないわけがないので困ってました・・・。
今年はだいぶ慣れたようです。

私は出張が多いので、そんな時はペットホテルを利用させてもらっているのですが、エイスくんはいつもと変わらない園生活を送り、夜は合宿のような感覚でいるみたいです。
毎朝吉井さんがドアベルを鳴らすと大喜びで、多忙な生活を送る私が難なくペットとの日々を過ごせるのは、ドッグトレーニングアイズの皆さんのおかげです。
エイスくの生活は、犬のWell-beingを考えたときに本当に最高の生活だと思います。


ソファには一度も乗らなかったのですが、友人が連れてきたペットのゴールデンがうちのソファに座ってからテレトリー意識が芽生えて、このソファには自分も寝ると決めてしまったようです。

関連記事

  • 年末年始のホテルステイで渡す「お年玉」とは

    子供達がパートナーを連れて戻ってくるようになってから、年末年始は終日お料理に明け暮れる超多忙な時期となりました。 買い出しに行っても、冷蔵庫はすぐに空っぽに。 …

  • システム手帳の思い出

    年末の大掃除の時に、昔のシステム手帳が出てきました。 いつもこのシステム手帳を後生大事に小脇に抱え、営業に出ていました。 そのシステム手帳に記載されている内容や…

  • 思わずうれしくなった母からの電話

    私の母は昭和10年生まれで、今年88歳になります。 85歳くらいまでは自転車に乗って自分の大好きなビーフシチューを食べにファミリーレストランに出かけたり、家族の…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。