左上を見る人の心理とは?目線で分かる人の本音

2023.08.09 Wed

ブログを見た人から
「あるYouTubeのビデオを見てもらいたい」
という依頼を受けました。
その人の彼女が主催するYouTubeで、なんとなく彼女の様子がいつもと違うので、見比べてもらいたいということでした。

チェックするのは目線です。
上を見る時は脳が視覚にアクセスをしている時。
右上を見るのは過去の記憶を想起している時。
左上を見るのは何か想像している時、場合によっては「嘘」を作り出していることもあると言います。
下を見るのは体で感じる感覚を拾おうとしている、つまり身体感覚にアクセスしている時です。
左右を見るのは聴覚にアクセスしています。例えばコンサートなどのミュージシャンは、よく目線が耳の方向に動きます。

話は戻って「見てもらいたい」と言われたYouTubeを見ると、それまでのYouTubeでは笑顔が多く、とても自信があるようなそぶりだったのに、今回は明らかに何度も何度も左上を見上げ、笑顔も少なく、言葉を探しつつのYouTubeでした。
その辺の感想について返信しました。

人が発するサインには色々なものがあります。
こうした基礎知識を知っておくと、相手を理解するのに役立つかもしれません。

関連記事

  • 何も予定がない休日を過ごしてみて気づいたこと

    仕事はもちろん、プライベートの勉強ややりたいこと、セッションを希望する人の来店などで、常に忙しく過ごしていた私。 私休みなく過ごすのが嫌なわけではないし、疲れが…

  • 強運をもたらす「本命星」の不思議

    暦や星回りの勉強をしていると、先輩方に 「生まれた年、生まれた月、そして生まれた時間がわかるとその人の人生が大体わかる」 と言われます。 本命星というのをご存じ…

  • サロンに導入した水素室の驚くべき効果

    ヒーリングサロン 『Mind suppli(マインドサプリ)』 に水素室が完備されました。 導入した水素室は、水素を鼻から酸素と一緒に吸引する一般的なタイプとは…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。