自分の仕事はなぜうまくいかないのだろう
と思った時に伝えたいこと

2015.08.30 Sun

私が起業したての頃、常に心のどこかで、
「もしもこのビジネスが上手くいかなかったら、会社を閉めてカナダに帰ろう。」
と思っていました。

そのせいかカナダにあった自宅も人に貸したままで、手放なせず、
なにか大きな壁にぶつかるたびに、「今度こそカナダに帰ろうか?」と自問自答。
この状態が10年ほど続きました。

そんな悩める私に、友達が、当たると評判の占い師のおじさんを紹介してくれました。
といっても、このおじさん、お金は一切とらないそうで、きまった喫茶店で、
お茶代をご馳走するだけだとのこと。

それだけでは申し訳なかったので、菓子折りをもって高円寺まで出かけて行きました。

私の話を一通り聞いたところで、おじさんが一言。
「もしもあなたがビジネスにむいていなかったら、とうの昔に倒産しているよ!10年も続いているんでしょう?今の今から、保険を捨てなさい。そうすれば上手くいく。」

「カナダに帰る」という保険が常に私の企業人としての決断、判断を鈍らせていたのです。
展望さえも保険が霞ませていたことに気づかせてくれました。
目からウロコのアドバイスでした。

企業の生存率は設立1年で40%、設立5年で15%、設立10年で6%、設立20年では0.3%だそうです。

成功したいと思うなにかがある貴方、その成功に保険を掛けてはいけないのです。
『これしかない』という思いが、サクセスロードへ導いてくれるのです。

関連記事

  • うらやましくなるフィンランドの少子化対策

    フィンランドは北欧諸国の中でも子育てに手厚い制度が整っていることで知られてきましたが、近年出生率が下がっているというニュースを聞くようになりました。 女性がキャ…

  • ケンタッキーフライドチキン・カーネルサンダース氏の裏話

    テレビを見ていると、よくケンタッキーフライドチキンのコマーシャルが目に止まります。 ケンタッキーフライドチキンの生みの親であるハーランド・デイヴィッド・サンダー…

  • 献血は社会的責務?北欧諸国の献血事情

    私の知り合いに、以前家族が手術を受けた際、血液が足らなくて大変な思いをした人がいます。 彼はそれ以来、毎月一回は必ず献血に行くようにしているそうです。 スウェー…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。