幸運を呼び込むラッキーナンバー『358の法則』と『9Zの法則』

2022.11.16 Wed

「幸運の種」となる面白い法則があります。
それが『358の法則』と『9Zの法則』です。

まず、358の法則。
3,5,8は、不思議な力を持つラッキーナンバーだと言われています。

・お釈迦様が悟りを開いた日は35歳の12月8日、つまり35歳8か月
・仏教が日本に伝来したのが、538年
・最遊記 沙悟浄 悟空 八海 3、5、8
・徳川将軍家、家康以外で有名人は3代家光、5代綱吉、8代吉宗
・消費税も3%、5%、8%。経済の効果を上げるため政府も意識

偶然かもしれませんが、こうしてみるとおもしろいですよね。

持っているお札に358、583、385と、どの並びでも良いのでこの3つの数字が入っている場合、それが1000円札であれ5000円札であれ10000円札であれ、1か月ほど待ってから使うと、運を呼び寄せるそうです。

次に、9Zの法則。
9は最大末尾の数字で、Zはアルファベットの最後の文字。
Zはギリシャ語で『必ず戻ってくる』という意味だそうです。

それでこの2つが一緒になる『9Z』の組み合わせはとてもラッキーな組み合わせだと言われています。
この『9Z』が載っているお札に出会ったら、そのお札を使って宝くじを購入すると良いそうです。

年末ジャンボに夢を抱く人も多いでしょう。
そろそろ年末に向けて、お財布の中にあるお札を『358の法則』と『9Zの法則』に乗っ取って整理したら、運気アップするかもしれませんね。

関連記事

  • うらやましくなるフィンランドの少子化対策

    フィンランドは北欧諸国の中でも子育てに手厚い制度が整っていることで知られてきましたが、近年出生率が下がっているというニュースを聞くようになりました。 女性がキャ…

  • ケンタッキーフライドチキン・カーネルサンダース氏の裏話

    テレビを見ていると、よくケンタッキーフライドチキンのコマーシャルが目に止まります。 ケンタッキーフライドチキンの生みの親であるハーランド・デイヴィッド・サンダー…

  • 献血は社会的責務?北欧諸国の献血事情

    私の知り合いに、以前家族が手術を受けた際、血液が足らなくて大変な思いをした人がいます。 彼はそれ以来、毎月一回は必ず献血に行くようにしているそうです。 スウェー…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。