『論語』孔子の意外なプロフィール

2022.10.17 Mon

先日、とても興味深いセミナー『四書五経実践塾』に参加しました。
四書というのは、論語・中庸・孟子・大学の四書のこと。
そして五経というのは、易経・詩経・書経・礼記・春秋の五教のことです。

四書五経とは、昔の中国の貴族たちの必読書です。
知っておくべき教養であり、仁・義・礼・智・信についての教えが書かれています。

その中でも一番わかりやすいと言われるのが『論語』です。
これは孔子の教えがまとめられているもので、論語は人間論、つまり「より良き人間となるための道」が記されています。

歴史の本にも必ずその名前が記されている『孔子』ですが、皆さんは孔子についてどれくらいご存じですか?

孔子が生きていたのは、紀元前551〜479年と言われています。
孔子の母親は尼さんで、父親は不明。
孔子の容姿については、とても興味深いことが描き残されています。

足がとても短く、胴が極端に長い。
そして背は丸まっていて、耳は後ろの方についている。
背は丸まっているものの、その身長は2Mととても背が高い。

なんだかスターウオーズに出てくるヨダ(Yoda)が思い浮かぶのは、私だけでしょうか?
ヨダは他のキャラクターに比べるととても小さな存在ですが・・・ヨダを2メートルにした感じが孔子だったとしたら、とても不思議な風貌だったと思われます。

孔子と同時期に生きていた歴史上の人物には、聖徳太子やヤマトタケルなどがいます。
彼らも、当時の人にしては身長がとても高いです。
昔の栄養状態など考えても、そこまで大きく育つとは到底思えません。

見方によっては……
彼らは、他の惑星から来た、知能の高い宇宙生命体だったのかもしれません。
高い知能と倫理を備えた宇宙人が、地球上の人間たちにいろいろな教えを伝えた……と考えることもできるのではないでしょうか?

関連記事

  • うらやましくなるフィンランドの少子化対策

    フィンランドは北欧諸国の中でも子育てに手厚い制度が整っていることで知られてきましたが、近年出生率が下がっているというニュースを聞くようになりました。 女性がキャ…

  • ケンタッキーフライドチキン・カーネルサンダース氏の裏話

    テレビを見ていると、よくケンタッキーフライドチキンのコマーシャルが目に止まります。 ケンタッキーフライドチキンの生みの親であるハーランド・デイヴィッド・サンダー…

  • 献血は社会的責務?北欧諸国の献血事情

    私の知り合いに、以前家族が手術を受けた際、血液が足らなくて大変な思いをした人がいます。 彼はそれ以来、毎月一回は必ず献血に行くようにしているそうです。 スウェー…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。