日本人が驚く『海外のメロン事情』

2022.07.27 Wed

海外でいつも驚くのが、メロンの種類の多さです。
日本では高級品というイメージですが、海外だともう少しカジュアルな存在で、BBQや持ち寄りパーティー、ブッフェやバイキングの定番デザートです。

メロンはきゅうりやカボチャ、ズッキーニなどと同じウリ科なので、カナダでは
「カボチャかな?」
と思って切ってみるとメロンだったりします。
タイガーメロンはスイカのような見た目!

パパイヤメロンも似ています。

 

ほかにもオレンジキャンディ

 

ゴールドメロン

まくわうり(甘露)などもあります。

この意外性が楽しくて、お友達の家に行くときにはよくお土産に持って行きました。

日本の農林水産省では「メロンは果物ではない」とされています。
私も知らなかったのですが、農林水産省の果物の定義は、
『従木であること、もしくは2年以上栽培して結実する草植物であること』
だそうです。
ということは、メロン、イチゴ、スイカは木にならないので、野菜ということになります。
不思議ですよね。

夏は色々な果物(野菜?)が美味しい季節です。
皆さんもそんな夏の果物を口にするとき、一体何科なんだろう?と果物のルーツに目を向けてみるのも面白いですよ!

関連記事

  • メキシカン・ホームパーティーに!トルティーヤレシピ

    週末にいつもお世話になっている友人夫妻をご招待してお食事会をしました。 テーマはメキシカン。 いつもは紙のナプキンを使うのですが、情熱の国メキシコらしく赤の布製…

  • ドイツ・フランクフルトの朝ミーティングでの驚き

    久しぶりにフランクフルトのハイムテキスタイルへ行きました。 世界中から2,500社を超える出展者が集結する世界最大級のホームテキスタイル・コントラクトテキスタイ…

  • ドイツの朝食がすばらしい理由

    ドイツ・フランクフルトから30分くらい離れたオッヘンバックにて、素敵なホテルに泊まりました。 工場を綺麗にレノベーションした「Achatホテル」です。 ドイツの…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。