自分だけの記念日は「ほんのちょっとの贅沢」で幸せになれる

2022.06.20 Mon

昔から私は「特別の日」はこっそり自分だけの「特別な事」をするようにしています。
誕生日やクリスマスとは違って、とてもプライベートな自分だけの「特別な日」です。

たとえば、6月15日。
今年の6月15日は株式会社アルトスターを立ち上げて17年目に入った日です。
設立記念日は6月14日なので、15日は17年目の最初の日で、私にとっては特別な日です。

そこで、デンマークのブランド「Hultquist」のピアスを買うことにしました。
アルトスターのお店Lycka(スウエーデン語で「幸せ」という意味)が直輸入したアイテムで、ずっと目をつけていたものです。

左右のチェーンの長さが異なるピアスで、身につけた時にそのアンバランスさに目がいきます。
大粒の淡水パールがついていて、耳たぶのところのハンドメイドで作られたゴールドの渦巻きが、淡水パールのユニークな形状をさらに際立たせてくれます。

特別な日には、こうした物を買ってお祝いする以外にも、美容室で髪にストリークを入れてもらったり、カフェで好きな本を読んだり、ネイルサロンで可愛らしいネイルアートを施してもらったりと、いろいろな非日常イベントを楽しんでいます。
他の人にとっては大した出来事ではないかもしれませんが、忙しい毎日を送る私にとっては、束の間の幸せなひとときです。
自分自身にとって特別だと思える日に、何かちょっとしたことで自分自身を喜ばせてあげるのは、自分自身のウェルビーング(幸福感)を保つ上で大切だと思います。

ほんのちょっとの素敵なできごとに焦点を当てると、自分の中の幸せ度が上がるから不思議です。
皆さんも実践してみてはいかがでしょうか?

関連記事

  • 人生の不安が少なくなる「吉報学」とは?

    人は「見えない」「知らない」「わからない」ことに対して恐怖心を覚えたり、不安感を募らせます。 慣れない山道を運転しているときにだんだん日が暮れてくると、不安にな…

  • 何も予定がない休日を過ごしてみて気づいたこと

    仕事はもちろん、プライベートの勉強ややりたいこと、セッションを希望する人の来店などで、常に忙しく過ごしていた私。 私休みなく過ごすのが嫌なわけではないし、疲れが…

  • 強運をもたらす「本命星」の不思議

    暦や星回りの勉強をしていると、先輩方に 「生まれた年、生まれた月、そして生まれた時間がわかるとその人の人生が大体わかる」 と言われます。 本命星というのをご存じ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。