英語はどうやって学ぶのがいいですか?(N・Aさんより)

2016.01.04 Mon

私自身は高校を卒業後、留学前の一年間、アテネフランセの集中英語講座に通い英会話を学びました。 今のように、小学生の頃から学校で外国人の先生と触れ合うこともなければ、外国人と接触する機会などほとんどありませんでしたから、非常に新鮮な一年間だったと記憶しています。

その中で、有効だと思ったことの一つは、たとえそれがブロークンであっても、車を運転していたり、一人で何かをしている時に、英語で自分のしていることを表現する訓練です。

例えば、「そこを左折しなくちゃ」と思ったら、’I have to make a left turn there.’とか、「母に電話をして、来週の予定を話し合わなくちゃ」と思ったら、’I have to call my mother to discuss our plan for next week.’のように、とにかく英語で自分のしていることや、しなくてはならないことを言葉にする訓練です。

もう一つ有効なのは、同じ英語のビデオを何回も見ることです。
一回目はまず字幕スーパーつきで見て、そのあとは、字幕スーパーなしで、何度も見て、聞き取れる英語を書いていくというものです。何度となく見ているうちに、だんだんと英語のフレーズが聞き取れるようになります。

耳を慣らすことはとても重要です。相手の言っていることがわかりさえすれば、少なくとも中学校、高等学校と六年間学んだ英語の単語を並べれば、なんとかこちらの言いたいことを伝えて会話が成り立ちます。でも相手の言っていることがわからないと、会話は成り立ちません。

スピードラーニングも基本的には、英会話を流しておいて、耳から慣れる勉強法です。 これもお勧めです。

ネイティブスピーカーと話をするチャンスがあれば、失敗を恐れないで、気軽に話をするよう心がけることも重要だと思います。

関連記事

  • 日本人の幸福度を上げるちょっと意外な行動

    みなさんは、過去1ヶ月間に慈善団体に寄付をしましたか? 私は以前から、支援できる範囲で寄付をするように努力をしています。 そのひとつ、「ワールドビジョン」は世界…

  • 強烈な苦手意識を一瞬で乗り越える方法

    みなさんは、自分に根付いた苦手意識を乗り越える方法を知っていますか? 以前、それを体感する出来事があったのでシェアします。 ■ 小さな頃に両親、特に母が口にする…

  • 2023年を心地よくするヒントは『フォトン』

    心地よく生きるのはとても大切です。 いろいろと根拠はありますが、興味深い理由のひとつが『フォトン』によるもの。 みなさんは、『フォトン』とか、『エバネッセントフ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。