コミュニケーションで大切なのは言葉でなく〇〇【メラビアンの法則】

2021.06.30 Wed

通っていた「ヒプノセラピー・アドバンストクラス」では、毎週末のセミナーで沢山の情報が私の頭の中に入ってきました。
中身を理解して納得するも、暗記しようとすると記憶力の衰えを嫌というほど実感させられました。

先生から
「さあ、メラビアンの法則を思い出してください!セラピストとしてクライアントに向き合うとき、何が大切でしたっけ?」
と質問されたとき、
『???メラビアン???』
と、ぽかん。

その人の見た目、雰囲気、表情?
それともその人の話し方、声のトーン?
それとも話す内容、情報?

頭の中には全く記憶が残っておらず「そういえば、最初の日にこんなようなことを聞いたかもしれない・・・・」と大急ぎでノートを読み返すもそのページが見当たらない。
『人は見た目が9割』という本を読んだことを思い出し、
「見た目とか表情で9割ですか?」
と答えたら、見た目とか表情は合っていたものの、9割ではなく55%が正解でした。

メラビアンの法則というのは、アメリカの心理学者アルバート・メラビアンという人の研究で提示されたもの。
コミュニケーションで重視されるのは、言語情報の割合が7%、聴覚情報の割合が38%、そして視覚情報の割合が55%だと言われています。
人と人のコミュニケーションでは、伝えている内容(言語情報)の矛盾よりも、話している人の声のトーンやピッチ(聴覚情報)とその人の表情や雰囲気(視覚情報)の矛盾のほうが違和感を覚えるそうです。
確かに、怖い顔で「いいね〜」と言われたり、暗い声で「楽しいね〜」と言われたら、おかしいと思いますよね。

日々セミナーの内容を思い返して、なんとか記憶に留めようと努力をしている私です。

関連記事

  • 人生の不安が少なくなる「吉報学」とは?

    人は「見えない」「知らない」「わからない」ことに対して恐怖心を覚えたり、不安感を募らせます。 慣れない山道を運転しているときにだんだん日が暮れてくると、不安にな…

  • 何も予定がない休日を過ごしてみて気づいたこと

    仕事はもちろん、プライベートの勉強ややりたいこと、セッションを希望する人の来店などで、常に忙しく過ごしていた私。 私休みなく過ごすのが嫌なわけではないし、疲れが…

  • 強運をもたらす「本命星」の不思議

    暦や星回りの勉強をしていると、先輩方に 「生まれた年、生まれた月、そして生まれた時間がわかるとその人の人生が大体わかる」 と言われます。 本命星というのをご存じ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。