企業が意識すべきSDGsの取り組みかた

2021.05.14 Fri

北欧諸国はSDGs先進国で、世界で一番SDGsが進んでいると言われているのがデンマーク、第二位がスウェーデン、第三位がフィンランド。
北欧ライフワークデザイナーである私が関わっている(株)アルトスターも、SDGsに敏感でなくてはならないと思うようになりました。

このたび嬉しいことに、弊社の取り組みがSDGs GUNMA BUSINESS PRACTICEの環境配慮型ビジネスとして紹介されました。

ドイツの研究機関が開発したセルロースベースの繊維の日本代理店を担当しているのですが、この繊維は温度が調整できたり、ビタミンEを排出し続けたりができる特殊繊維。
従来ポリエステル繊維が主力だったところに進出し、年間150トン近いポリエステル繊維をこのセルロース繊維で置き換えることに成功しました。
ペットボトルに換算すると、年間525万本の海洋プラスチックごみの削減に貢献しています。
ベースとなるパルプ木材も環境に配慮した素材で、FSC認証(森林管理に関する国際基準)を受けています。

日本のSDGsはまだ北欧諸国に追いつけていませんが、それでも世界第15位。
人に優しく安全素材を用いることは当たり前ですが、一企業として環境への配慮や持続可能な素材を心がけていきたいと思います。

 

【お知らせ】
東京都における、新型コロナウイルスの急激な新規感染者の増加状況に鑑み、
残念ながら、2022年1月10日(祝)のお茶会は延期することにいたしました。
また落ち着きましたら、改めて開催させて頂きたく思います。

関連記事

  • お金がどんどん入ってくる。起業してわかった『宇宙の法則』の魔力

    会社を作ったばかりでまだ起業家として日々奮闘していた時期は、資金繰りにとても苦労しました。 起業の先輩からは 「とにかく取引先への支払いが最重要で、次に重要なの…

  • 年の瀬のご挨拶

    海外出張に出かけると、日本に戻る飛行機の中で今後の計画についていろいろと考えるのが習慣でした。 上空から見える富士山を確認すると、いつも新しいエネルギーが満ちて…

  • さまざまなチャリティーで社会貢献して、見えてきたこと

    欧米では「自分自身ができる範囲で他者を助ける」という社会貢献が、社会のメンバーとして必要だと認識されています。 私も小さな頃はガールスカウトに入団していたので、…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。