こんなご時世に読みたい本「幸せについて」

2021.05.08 Sat

アルトスターのお店に入荷した本の中で、スタッフが「ぜひ読んでください!」と一押ししたのが谷川俊太郎著の『幸せについて』です。
いわゆる「人生論」は一切出版してこなかった谷川さんが、今回初めて「幸せ」をテーマに、全編書き下ろしの書籍を出したとのこと。

https://nanarokusha.shop/items/5bed1a995f7866352900039d

1931年生まれの谷川さんの目から見る「幸せ」は、「そうそう!」と強く納得するものばかり。
私も感じていたことを、優しくてシンプルな言葉でまとめてくれている素敵な本です。

いくつか素敵な言葉を書き留めました。

「目の前にいなくても、その人がいると思うだけで幸せになれる、そんな「その人」がいるのは幸せだ。」

心がほっこりする幸せ感です。

「好きなもののことは、私有しなくても見るだけ、聞くだけ、考えるだけで幸せになれる。これは他の生物にはない人間の幸せな特質ではないか。」

そこまで考えたことがありませんでした…。

「私、幸せじゃないんですという女の人がいた、じゃあ不幸せなんですかと訊いたら、いいえと言う、いったいどんなんですかというと<普通>と答える。確かに幸、不幸を問わずに生きられる人、生きられる世の中は悪くないと思う。でもそれを<ぬるま湯>の幸せと呼ぶ人もいたな。」

などなど、短い文章を1ページずつ読み進めながら、自分と対話ができます。


https://nanarokusha.shop/items/5bed1a995f7866352900039d

昔から『赤毛のアン』が大好きで、それでカナダに留学したような私の幸せ感は、アンのストーリーに影響されて形成されているかもしれません。
私は「小さな幸せ」の積み重ねが、後で振り返ったときに「大きな幸せ」として目に写るのだと思うので、日々幸せ探しをすることが大切だと思っています。

ぜひこの本を手に取ってもらえたらと思いました。
こちらから詳細をご覧いただけます。

 

関連記事

  • 「私が活躍する場」を作る。アルトスター設立15周年を迎えて

    6月14日はアルトスター設立15周年の記念日でした。 15年前の6月14日、コンサルティング会社として設立したのです。 当時、アペックスにテレビショッピングの相…

  • フィンランドの公共サインに驚いた話

    3年前に友人と行ったフィンランドとデンマーク、リトアニアの旅の写真が出てきました。 フィンランドに行ったときにとても印象的だったのが、公共サインです。 どの国で…

  • 企業が意識すべきSDGsの取り組みかた

    北欧諸国はSDGs先進国で、世界で一番SDGsが進んでいると言われているのがデンマーク、第二位がスウェーデン、第三位がフィンランド。 北欧ライフワークデザイナー…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。