コロナで劇的な変化が生まれた展示会

2021.02.17 Wed

コロナは世界的規模の被害であり、多くの人々に強制的な変化をもたらしました。
歴史上、類を見ない出来事のひとつだと思い知らされる毎日です。

展示会にも大きな変化がありました。
いくらインターネットで仕事ができるようになったとはいえ、今まで展示会を歩き回って新商品を発掘してきた私にとって、オンラインだけでいい商品を見つけるのは至難の業です。
海外の展示会はほとんど全てキャンセルされ、渡航も難しい状態。
国内の展示会でさえ昨年末までは延期が目立ちました。

昨年の1~2月はコロナがまだ「武漢風邪」と呼ばれていて、ドイツの展示会を訪問できました。1月はハイムテスタイル。2月はアンビアンテです。それが今や遠い遠い昔のことに思えます。

先日、直前まで迷ったのですが、1ブースだけギフトショーに出展してみました。
すると、やはり私と同じ悩みを抱えているバイヤーが多く
「今まではいいものがあればいいな〜という目線で展示会を回っていましたが、今は海外にもいけず、新しいものをネット上で探してもなかなか良いものにたどり着きません。
ネットに出た時点で既に多くの人の目に触れているので、今回の展示会は必死です」
との声をたくさん聞きました。

もちろんオンラインの展示会も開催されているので、これから先はオンラインに切り替わっていくのかもしれません。

【お知らせ】
東京都における、新型コロナウイルスの急激な新規感染者の増加状況に鑑み、
残念ながら、2022年1月10日(祝)のお茶会は延期することにいたしました。
また落ち着きましたら、改めて開催させて頂きたく思います。

関連記事

  • お金がどんどん入ってくる。起業してわかった『宇宙の法則』の魔力

    会社を作ったばかりでまだ起業家として日々奮闘していた時期は、資金繰りにとても苦労しました。 起業の先輩からは 「とにかく取引先への支払いが最重要で、次に重要なの…

  • 年の瀬のご挨拶

    海外出張に出かけると、日本に戻る飛行機の中で今後の計画についていろいろと考えるのが習慣でした。 上空から見える富士山を確認すると、いつも新しいエネルギーが満ちて…

  • さまざまなチャリティーで社会貢献して、見えてきたこと

    欧米では「自分自身ができる範囲で他者を助ける」という社会貢献が、社会のメンバーとして必要だと認識されています。 私も小さな頃はガールスカウトに入団していたので、…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。