印鑑は必要?不要?捺印に関して思うこと

2020.11.03 Tue

新しい総理大臣になってから、高官庁での捺印が多すぎることを発端に、印鑑についての話題が多く取り上げられています。
アペックスがティーライフと資本提携した際に捺印する書類が一気に増えて、シャチハタのインクが2ヶ月もしないうちに無くなってしまったことを今でも覚えています。

ただ、印鑑は日本に限ったアイテムではありません。
紀元前5000年前にメソポタミアで印鑑のルーツが生まれ、ギリシャ、エジプト、ローマをへて中国へ伝わり、そこから日本にきたと言われています。
昔、ヨーロッパでは指輪に家紋などを彫り、溶かしたキャンドルを垂らしたところに押し付けて刻印していたそうです。

婚姻届や離婚届も捺印がいらないのでは?という話も出ています。
「見ました」という意味合いの捺印は不要だと感じることはありましたが、婚姻届や離婚届、出生届などは人生のハイライト。滅多にないイベントです。
そこから捺印がなくなってしまうというのは、何だか寂しいと思うのは私だけでしょうか?

【お知らせ】
東京都における、新型コロナウイルスの急激な新規感染者の増加状況に鑑み、
残念ながら、2022年1月10日(祝)のお茶会は延期することにいたしました。
また落ち着きましたら、改めて開催させて頂きたく思います。

関連記事

  • お金がどんどん入ってくる。起業してわかった『宇宙の法則』の魔力

    会社を作ったばかりでまだ起業家として日々奮闘していた時期は、資金繰りにとても苦労しました。 起業の先輩からは 「とにかく取引先への支払いが最重要で、次に重要なの…

  • 年の瀬のご挨拶

    海外出張に出かけると、日本に戻る飛行機の中で今後の計画についていろいろと考えるのが習慣でした。 上空から見える富士山を確認すると、いつも新しいエネルギーが満ちて…

  • さまざまなチャリティーで社会貢献して、見えてきたこと

    欧米では「自分自身ができる範囲で他者を助ける」という社会貢献が、社会のメンバーとして必要だと認識されています。 私も小さな頃はガールスカウトに入団していたので、…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。