10月26日は私の卒業の日。我が子とお別れしました

2020.10.28 Wed

大人になって卒業の日を迎えることはそうそうありませんが、10月26日は私の卒業の日でした。
子供のように大切に育ててきたアペックスとお別れした日です。

卒業は人生の節目であり心に残るイベントですが、今回はあまりに急な出来事で、自分の中で消化できないことが多くありました。
卒業までは引き継ぎ業務が山ほどあり、最後のオンエアー応援までずっとバタバタしていて、全く考える暇もなく最後の日を迎えた気がします。

卒業する日の朝礼では、私が作った会社の十のルールのひとつ「Give & Take」を取り上げたスタッフからのスピーチがありました。
「たくさんのGiveを私からもらったことに対して感謝しても仕切れない」という涙涙のスピーチ。
そんなスピーチをしてもらえて、私は本当に幸せ者だと胸が熱くなりました。

思い出もあちこちにありました。
最後まで残っていた打ち合わせノートをシュレッダーにかけているとき、ひょっこり出てきたのが数十年前のスタッフの結婚式のスピーチ。
それを本人に渡すと、泣き出してしまいました。

もし、コロナがなければ―――
今頃はバンクーバーのなおみさんに逢いに行ったり、オハイオ州のリンダさんに逢いに行ったり、ユトレクトのヨッシーさんとその家族に逢いに行ったり――大切な人と過ごす時間をとっていたでしょう。

区切りとなるイベントができない状況下だと、さらっと終わってしまうのかもしれません。
もしかしたら、そのほうが私自身にとっては楽なのかもしれません。
やはり大切な場所から去るということは、たくさんの思いとも別れるということ。
心にかかる負担もけして小さくはないからです。

でも、ここからまだ私の旅は続きます。
ほっとしている暇はありません。
前を向いて歩んでいこうと思います。

関連記事

  • うらやましくなるフィンランドの少子化対策

    フィンランドは北欧諸国の中でも子育てに手厚い制度が整っていることで知られてきましたが、近年出生率が下がっているというニュースを聞くようになりました。 女性がキャ…

  • ケンタッキーフライドチキン・カーネルサンダース氏の裏話

    テレビを見ていると、よくケンタッキーフライドチキンのコマーシャルが目に止まります。 ケンタッキーフライドチキンの生みの親であるハーランド・デイヴィッド・サンダー…

  • 献血は社会的責務?北欧諸国の献血事情

    私の知り合いに、以前家族が手術を受けた際、血液が足らなくて大変な思いをした人がいます。 彼はそれ以来、毎月一回は必ず献血に行くようにしているそうです。 スウェー…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。