心が落ち着く「エミール・クーエの暗示」をやってみてわかったこと

2020.10.07 Wed

スティーブマーティンがリメイクで主演を演じた「ピンクパンサー」では、スティーブマーティンよりピーターセラーズが印象に残りました。
ピーターセラーズ演じるクルソー警部と折り合いの悪かった同僚警部が精神的にやられてしまい、メンタルクリニックで治療を受けるシーンで
「I’m getting better and better every day.(毎日あらゆる面で私はますますよくなっている)」
と何度も何度も自分自身に言い聞かせ、正常な状態をキープしようとしていたのです。

先日のセミナーで、これは「エミール・クーエの暗示」と呼ばれているものだと知りました。
エミール・クーエは19世紀後半のフランス人の心理学者・薬剤師で、自己暗示、覚醒状態での暗示を研究した自己啓発の大家としても有名です。

「I’m getting better and better every day.(毎日あらゆる面で私はますますよくなっている)」
という肯定的な言葉を毎日20回口にすると、ヒステリー病やパーキンソン病の治療にも貢献するそうです。

人間が記憶を構築する過程で、脳の中では全ての情報を音声化して理解すると言われています。
繰り返し言葉にすることで、自分自身の脳の中にその言葉を記憶させ、何か自分自身にとってよくないことがあるたびに自分を楽にしてくれる肯定的な記憶を引き出せるようになります。
つまり、良い状態をキープできるということです。

これらの知識を教わった村井啓一先生は、毎晩寝る前に自分自身に
「今夜は深く良い眠りにつくぞ!明日は爽快な朝を迎えるぞ!」
と肯定的な言葉をかけ、朝目が覚めたときにも同じように
「ああ、よく眠った!今日も良い日のスタートだ!」
という言葉をかけることで、とても前向きな生活が営めるとおっしゃっていました。

私は夜になるとなんとなく眠りにつき、朝はなんとなく眠い目を擦って起きていたのですが、その日から先生のおっしゃったことを自分なりの言葉で実行したところ、今までにない清々しさを感じました。
ぜひ皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

関連記事

  • 世界唯一のエンペラー・天皇陛下の継承問題

    日本の皇室が世界で一番長く続いていると言われています。 世界中にキングやプリンスはいますが、エンペラーという称号で呼ばれるのは日本の天皇陛下だけです。 ただ、問…

  • iPadの授業やChat GPT のセミナーで驚いたAI時代の波

    若い頃、よく祖母がテレビを見ていて 「いまの歌番組に出てくる人たちはみんな同じに見えて、誰が誰だかよくわからないよ」 「全く次々に新しいことが出てきて私は時代に…

  • 臓器ドナーが歩くHonor Walk(名誉行進)とは

    皆さんはHonor Walk(名誉行進)をご存知でしょうか? 海外、主に北米で死亡した人が臓器ドナーとして臓器提供をしてくれる際に、病室から手術室までの道のりを…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。