2か月の怪我生活で身についた新しい習慣

2020.08.19 Wed

4月に左足の骨折と右の顔面打撲という大けがをし、日常生活もままならなくなりましたが、車椅子、松葉杖、クラッチと少しづつ回復。
8月5日に怪我してから初の都内出張を果たしました。

本当は高崎から新幹線で都内に向かう予定だったのですが、まだ一人で荷物を持って長距離移動をしたことがなく、不安を口にしたところ、長女のなおみさんが
「そんなに無理しないで、車で行ったら?」
と言ってくれて、車での移動となりました。

歩かなくて済むものの、長時間同じ姿勢でいると足がむくんできて痛みます。
それでも運転を買って出てくれた新人のKくんと楽しく会話をしていると、1時間半のドライブは久しぶりに楽しく感じられました。

オランダの友人曰く、
「全く新しいことであっても、6週間同じことをやり続けると、それが新たな習慣になる」
とのこと。

今まで「動かないと死ぬマグロ族だ」と言っていた私が、今回の怪我で動くことができなり、8週間もの間、自宅で仕事をしつつ静養する生活に。
コロナでリモートワーク中だったのが幸いして、抵抗感なく自宅で生活でき、だんだんとそのリズムにも慣れてきました。
マグロが急に別の魚になったりしませんが、もしかしたら私は『マグロ時々ヒラメ』くらいに変化したのかもしれません。

都内の打ち合わせに選んだ時間制のカフェも人がまばらで、以前とは違いました。
地下駐車場も驚くほど空いていて、マスクを何回か変えました。

改めてコロナの影響を実感しましたが、それでもちょっと外の景色を見るだけで、自分の中のエネルギーがチャージされるのを感じました。

【お知らせ】
東京都における、新型コロナウイルスの急激な新規感染者の増加状況に鑑み、
残念ながら、2022年1月10日(祝)のお茶会は延期することにいたしました。
また落ち着きましたら、改めて開催させて頂きたく思います。

関連記事

  • お金がどんどん入ってくる。起業してわかった『宇宙の法則』の魔力

    会社を作ったばかりでまだ起業家として日々奮闘していた時期は、資金繰りにとても苦労しました。 起業の先輩からは 「とにかく取引先への支払いが最重要で、次に重要なの…

  • 年の瀬のご挨拶

    海外出張に出かけると、日本に戻る飛行機の中で今後の計画についていろいろと考えるのが習慣でした。 上空から見える富士山を確認すると、いつも新しいエネルギーが満ちて…

  • さまざまなチャリティーで社会貢献して、見えてきたこと

    欧米では「自分自身ができる範囲で他者を助ける」という社会貢献が、社会のメンバーとして必要だと認識されています。 私も小さな頃はガールスカウトに入団していたので、…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。