ドラマ『愛していると言ってくれ』の再放送で実感した、待つ大切さ

2020.07.29 Wed

ドラマ『愛していると言ってくれ』をご存じでしょうか?
大ヒットドラマなので、覚えている人も沢山いると思います。

豊川悦司と常盤貴子主演の恋愛ドラマで、1995年にTBS系で放送されました。
主題歌はドリカムの「LOVE LOVE LOVE」。
私もこのドラマが大好きで、毎週金曜日に見逃さないように真剣に観ていたのを思い出します。
6月の日曜日に数話ずつ再放送されているのを偶然目にして、一生懸命再放送に見入りました。

ドラマ『愛していると言ってくれ』より。 ©︎TBS

1995年といえば、今から25年前。
豊川悦司と常盤貴子が恋愛を進めていく中での通信方法は、ファックスであり、ポケベルであり、公衆電話です。
豊川悦司は耳が聞こえないという設定ですから、ファックスがとても重要なコミュニケーションツールとして扱われていました。
今だったら携帯電話一本で済むことが、コンビニに走って、ファックスを送ったり、公衆電話ボックスまで走ったり、ポケベルで連絡したりと、とても手間がかかるのです。
スマホがあれば一瞬でわかることが、数時間、ときには数日経たないとわからなかったりします。

こと恋愛に関しては
「こういう待つ時間こそ風情があって良いのかも」
と感じました。

今は自粛期間でなかなか会えない人もいるかと思いますが、待つ時間を大切に、人間関係を育んでいきたいですね。

 

関連記事

  • 世界唯一のエンペラー・天皇陛下の継承問題

    日本の皇室が世界で一番長く続いていると言われています。 世界中にキングやプリンスはいますが、エンペラーという称号で呼ばれるのは日本の天皇陛下だけです。 ただ、問…

  • iPadの授業やChat GPT のセミナーで驚いたAI時代の波

    若い頃、よく祖母がテレビを見ていて 「いまの歌番組に出てくる人たちはみんな同じに見えて、誰が誰だかよくわからないよ」 「全く次々に新しいことが出てきて私は時代に…

  • 臓器ドナーが歩くHonor Walk(名誉行進)とは

    皆さんはHonor Walk(名誉行進)をご存知でしょうか? 海外、主に北米で死亡した人が臓器ドナーとして臓器提供をしてくれる際に、病室から手術室までの道のりを…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。