運転が怖い。リハビリ中に知った人体の不思議

2020.07.14 Tue

怪我をして2ヶ月が経ち、車椅子は卒業して松葉杖の日々に。
初動の足の動きに強い痛みを感じ、リハビリには週2回は通っています。

日常生活はほとんど自分でできるようになりましたし、愛犬エイスくんも家に戻ってきて、何をするにも両手を使えずゆっくり動く私をじっと見上げ、待ってくれるようになりました。

とは言っても、2ヶ月も家と会社の行き来だけだと外が恋しくなるものです。
週末、自分で車を運転しようと思い立ちました。
ところが、車を発進させる際にブレーキを強く踏みすぎて、まるで初心者のようにガクンガクンとなり『あれ?どうしたんだろう?』と思いました。
なんとなく怖くなり、法定速度以下で30分ほど運転したのですが、非常に疲れました。

昨日リハビリがあったので、病院の理学療法士に
「怪我をすると、反射神経に影響が出るのですか?」
と聞くと
「怪我をすると、いったん今まで構築されていた体の中のシステムが壊れます。それを再構築するのに時間がかかり、不具合が生じるんです」
とのこと。

車は右足が大丈夫なら運転できると思うかもしれませんが、左足にも作業によって力が入ります。
左足を怪我していると力の入れ具合が難しくなり、ブレーキをかけるときに強く踏み込みすぎたりするそうです。
だから怪我をしたら、怪我だけでなく全体(脳との関係性)を見ないといけません。
人体の不思議を垣間見た気がしました。

【お知らせ】
東京都における、新型コロナウイルスの急激な新規感染者の増加状況に鑑み、
残念ながら、2022年1月10日(祝)のお茶会は延期することにいたしました。
また落ち着きましたら、改めて開催させて頂きたく思います。

関連記事

  • お金がどんどん入ってくる。起業してわかった『宇宙の法則』の魔力

    会社を作ったばかりでまだ起業家として日々奮闘していた時期は、資金繰りにとても苦労しました。 起業の先輩からは 「とにかく取引先への支払いが最重要で、次に重要なの…

  • 年の瀬のご挨拶

    海外出張に出かけると、日本に戻る飛行機の中で今後の計画についていろいろと考えるのが習慣でした。 上空から見える富士山を確認すると、いつも新しいエネルギーが満ちて…

  • さまざまなチャリティーで社会貢献して、見えてきたこと

    欧米では「自分自身ができる範囲で他者を助ける」という社会貢献が、社会のメンバーとして必要だと認識されています。 私も小さな頃はガールスカウトに入団していたので、…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。