ストレスを和らげるフラワーエッセンスのすすめ

2020.04.29 Wed

愛犬・パブロくんを亡くして、本当にしばらくの間、悲しくて悲しくて仕方がありませんでした。
昼間は仕事に行くと気分が紛れますが、家に戻るとどうしてもパブロくんのことを思い出し、心が揺れます。

お友達の青木麻奈さんがそんな私の状況を察してくださり、オリジナルのフラワーエッセンスを調合してプレゼントしてくれました。
ラベルには、Heart Supporと書いてあります。
これを舌の下に7滴ほど垂らすように、とのこと。

フラワーエッセンスというのは、イギリスの医師エドワードパッチ博士が1930年代に療法として使いだしたもの。
博士は「様々な病の原因は、恐れ、不安、怒り、悲しみなど不安定な感情に起因することが多い」と考え、花にはこうした感情を癒す力が花にあるとし、療法として確立したと言われています。

アロマオイルなどとは違って、フラワーエッセンスは花の力を水に転写しているそうです。
ほのかな優しい花の香りが口の中に広がります。

それにしてもHeart Supportという名前が素敵です。
麻奈さんの優しさと思いやりを感じて、心がほっこりしました。

それと同時に、こういう友達を持てることはとても幸せなことだと改めて感じました。
みなさんもコロナ騒動で心身が疲れてしまったら、自分に合ったフラワーエッセンスを探してみてください。

関連記事

  • ラジオ高崎の夕方ワイド番組『Air Place』の魅力

    ラジオ高崎の夕方ワイド番組『Air Place』内で、専門家にお話を聞く『大人の学校』に出演させていただいています。 私にとってとても楽しいお仕事です。 最初の…

  • 外国で暮らす日本人の「老後の人生」

    小さな頃から海外に憧れていた私は、ひょんなことからカナダに留学することになり、通算8年半ほどブリティッシュコロンビア州の大学で学び、現地で仕事もさせてもらいまし…

  • 地鎮祭とは?自然を崇拝する文化の広がり

    2022年8月10日は新社屋のための地鎮祭でした。 とても良いお日柄だと勧められてその日の10時にしましたが、午前とはいえ炎天下で、テントを張ってなかったら気分…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。