大切な仲間が離れてしまった時に思うこと

2020.01.14 Tue

「芳子さん、しばらく会っていないから、ご飯でも食べませんか?」
と先輩であり友人の経営者の方から誘われました。
起業したばかりで苦労していたときに仕事を工面してくださるなど、いろいろな面でサポートしてくれた方です。

彼は後継者問題で長いこと苦しんでいました。
静かなレストランでお会いして、開口一番こう言われました。
「芳子さん、来年で私は仕事を辞めることにしました」
「え?お辞めになるんですか?」
「株は全て従業員の持ち株に回すことにしました。誰かに継承させることは諦めました」
お父様からついだ大切な事業を一生懸命に守ってきた彼にしてみると、断腸の想いなのだろうと想像できました。

言葉を探しましたが、なかなか良い言葉が出てきません。
「これから何をするんですか?」
「全くノープランです。でも近くに土地を借りて、少し農業でもしようかと思っています。
それに奥さんの体調も良くないし、兄貴の調子も悪いから、当面親類の面倒を見ます。来年の7月まで頑張ります」
「それまでしばらくまたお付き合いくださいね」

彼と別れて外に出た時に、綺麗に澄み切った冬空を見上げて大きく息を吸いました。
約30年に渡る私の起業家としての人生を、オン&オフともに知っている人が彼です。
お互いにトラブルがあれば、それを分かち合い、聞き手となり、相談相手となっていた『同士』でした。
学生時代の友達とは異なりますが、大切な存在です。

寂しさに押しつぶされそうになりながら、必死に冷たい空気で胸を膨らませている自分に気づきました。
何事も長く続けていると、大切な仲間が突然離れてしまうこともあります。
それでもかつての仲間を忘れずに応援し、前を向くことが大切なのだと思います。

関連記事

  • ラジオ高崎の夕方ワイド番組『Air Place』の魅力

    ラジオ高崎の夕方ワイド番組『Air Place』内で、専門家にお話を聞く『大人の学校』に出演させていただいています。 私にとってとても楽しいお仕事です。 最初の…

  • 外国で暮らす日本人の「老後の人生」

    小さな頃から海外に憧れていた私は、ひょんなことからカナダに留学することになり、通算8年半ほどブリティッシュコロンビア州の大学で学び、現地で仕事もさせてもらいまし…

  • 地鎮祭とは?自然を崇拝する文化の広がり

    2022年8月10日は新社屋のための地鎮祭でした。 とても良いお日柄だと勧められてその日の10時にしましたが、午前とはいえ炎天下で、テントを張ってなかったら気分…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。