会社を30年以上経営して思うこと

2019.04.13 Sat

2019年の3月28日、株式会社アペックスは設立31周年を迎えました。
成り行きで起業した私は、まさか30年以上も会社を維持して成長させることができるとは思っていませんでした。

31周年の記念パーティーでは、入社10周年を迎えるスタッフの功績を称え、また新たなキャリア(看護師の道への挑戦)を目指す2人の子供を持つママさんスタッフの旅立ちを祝い、楽しい時間を過ごしました。

入社当時は結婚したら退社すると言っていた西条さん(中央)ですが、今では2人の子のママになり、勤続10周年を迎えました。


新たなキャリアを目指すことになった岡本さん。
40歳という節目の年を迎えて考えることがあったのだと思います。

それぞれのスタッフの思い出話やスピーチに涙腺が緩くなった1日でした。
チームで仕事するというのは幸せなことですね。
みなさんも苦労があるとは思いますが、チーム仕事をぜひ楽しんでください。

関連記事

  • 大好きな先輩とのお別れ

    実業家・政治運動家・エッセイストの浜田麻記子さんと出会ったのは、2013年のこと。 当時軽井沢のリゾートスタイルのアンバサダーを務めていたとくこさんが、麻記子さ…

  • 時間の体感速度はなぜ変わる?隠された老化予防のヒント

    みなさんは子供の頃、1日が本当に長くて、たくさん色々なことをして遊んだ気がしませんか? 夏休み=ものすごく長いお休みという記憶がありませんか? 一方で「歳をとる…

  • ロシアのウクライナ侵攻がビジネスに与える影響

    ロシアのウクライナ侵攻は、ビジネスにおいても他人事ではありません。 コロナ禍の経済活動の縮小に追い討ちをかけるように、この戦争は大きな影響を及ぼしています。 日…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。