都心にも暮らしにも近い時短ライフを叶える、ヒュッゲなレジデンス

2018.12.12 Wed

ここ約9ヶ月間、東京建物株式会社の『Brillia八潮』というヒュッゲ・プロジェクトに関わらせていただきました。
先日、モデルルームのヒュッゲ・コンセプトを仕上げてきました。

「都心にも暮らしにも近い時短ライフを叶えるレジデンス」というコンセプトでスタートしたもので、プロモーションのテーマとしては、『家族や友人と過ごす時間を楽しむ暮らし』という、まさにHygge Life。

ヒュッゲはライフスタイルのひとつなので、そのエッセンスを抜き出して、住む人たちが心地よくほっこりとした時間を過ごすことができるライフスタイルを提案してきました。
モデルルームそのものは、1月オープンです。
ですので、中はまだお見せできませんが、ちらっとご紹介します。

『Brillia八潮』の1・40のモデル外観

 

左上:コペンハーゲンの観光名所、ニューハウンをイメージしたミニチュアも準備

 

デンマーク・menu社のキャンドルスタンド 2種

 

モデルルームがオープンする1月中旬過ぎに素晴らしいインテリアをご紹介しますが、ヒュッゲポイントは都心に住むことで、単なる時短ではなく家での豊かな時間を過ごすこと。
そしてパートナーや家族とのほっこりとした時間をどう生み出すかです。

とても素敵な工夫がいっぱいですので、楽しみにお待ちください!

関連記事

  • 北欧のキャンドルと日本のキャンドルの意外な違い

    フィンランドのキャンドルは星型の円錐形や丸い大きな球体などあまり馴染みのないものが多く、特に驚いたのが燃焼時間が記載されていることです。 15Hや24Hと印字さ…

  • No Image

    仕事しながら運動できる健康アクティブボード「ジンバ」

    皆さんは1日にどのくらいの時間座っていますか? 事務系の仕事をしている人は、ほとんど椅子に腰掛けていませんか? 世界20カ国で1日に座っている時間を調べたところ…

  • 日本と違う、海外のコロナ事情

    一都三県に緊急事態宣言が出るという状況の中、海外の取引先や友人から聞く海外のコロナ事情は日本とかなり異なります。 ドイツの場合、政府の出す指示が明確です。 『学…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。