4家族だけで150人!驚きのマサイ族文化に触れて

2018.11.14 Wed

ケニアのナイロビからセスナに乗ってアンボサリというところまで行くと、多くのマサイ族が住んでいます。
マサイ族は「勇敢な戦士」と呼ばれますが、実際にマサイ族の村を訪ねたところ驚くことばかりでした。

マサイ族といえば歓迎のジャンピングダンスが有名ですが、男性たちは高く飛ぶために常に関節に注意しているそうです。
いわゆるメディスンマンという医者のような存在がどのマサイ族の村にもいて、酋長の次にえらい存在です。
様々な薬草や木の枝、木の根を使って、マサイ族の健康を管理しています。

一番驚いたのが、150人もいるマサイの村がたったの4家族だということ。
つまり一夫多妻制で、4人の男性がかなりの大家族をまとめているのです。
さらに、ほとんどの力仕事は女性が行います。
家を建てること、薪を拾うこと、お料理することなど、すべて女性の仕事なのです。

では男性の仕事は?というと、1~8人くらいの奥さんを持ち、その奥さんたちと営みを持ち、どんどん繁栄させていくことが仕事なのです。
メディスンマンはいわゆるバイアグラと同じ働きのある薬草を処方し、男性は妻全員を毎晩満たしていきます。
4人の妻がいれば、一晩に4人、8人の妻がいれば、一晩に8人全員を順番に第一夫人から満たすことが仕事だそうです。

彼らの生活を目の当たりにして「?」が沢山頭の上に浮かびました。
みなさんも、文化の違いについて驚いたことはありませんか?
文化の違いに触れると、視野がひとつ広がるかもしれません。

関連記事

  • 世界唯一のエンペラー・天皇陛下の継承問題

    日本の皇室が世界で一番長く続いていると言われています。 世界中にキングやプリンスはいますが、エンペラーという称号で呼ばれるのは日本の天皇陛下だけです。 ただ、問…

  • iPadの授業やChat GPT のセミナーで驚いたAI時代の波

    若い頃、よく祖母がテレビを見ていて 「いまの歌番組に出てくる人たちはみんな同じに見えて、誰が誰だかよくわからないよ」 「全く次々に新しいことが出てきて私は時代に…

  • 臓器ドナーが歩くHonor Walk(名誉行進)とは

    皆さんはHonor Walk(名誉行進)をご存知でしょうか? 海外、主に北米で死亡した人が臓器ドナーとして臓器提供をしてくれる際に、病室から手術室までの道のりを…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。