手術をするかしないか、どう判断すればいいでしょうか?

2018.10.24 Wed

私は小さな頃股関節脱臼をしたため、成長期は股関節の痛みがひどく、体育の授業を休むことが多々ありました。
大学病院で診てもらった時
「大腿骨の頭を切って、ステンレスの頭を入れたらどうか?」
と言われました。

ただその時に、医師の打ち合わせに同席していた看護師さんが、
「私だったら、手術をしません。手術をしたら、痛みはなくなりますが、やはり歩き方に変化が見られて、ひどい場合は、かなり目立ちます」
とおっしゃいました。

それを聞いた母は、
「芳子、あんたはまだ15歳だし、これから結婚するのにちゃんと歩けないと困るから、今のままトレーニングをしてリハビリをしたほうがいいと思う」
と言いました。

実際、同じ学校の後輩がこの手術をしました。
5ヶ月ほど入院をした上、いろいろな障害が残りました。
まっすぐに普通に歩けない。
自転車にもちゃんと乗れない。
歩くときは左右に大きく揺れる。

私自身は何が良いのかはよくわからなかったのですが、15歳の中学3年生の女の子としても
「これから男性と出会った時に、見てわかるような不自然な歩き方はしたくない」
と思いました。

高校時代は、あまりの痛さに体育の授業を1年間休ませてもらいました。
そして妊娠した時には、5ヶ月くらいから痛くなり、仰向けに寝たら起き上がれないということが続きました。

このように大変な時期がありましたが、今思えば特に大きな手術をしないで今日までやってこれたことが、私にとっては良かったと感じます。

医学は日進月歩でどんどん進化をしていきます。
ですから「何が良いのか、何をするべきなのか?」は常に大きな疑問を感じます。
ただ、私は「あまり急がない方が良いことも多々あるのかな?」と思うのです。
みなさんも手術などは慎重に決めてくださいね。

【お知らせ】
東京都における、新型コロナウイルスの急激な新規感染者の増加状況に鑑み、
残念ながら、2022年1月10日(祝)のお茶会は延期することにいたしました。
また落ち着きましたら、改めて開催させて頂きたく思います。

関連記事

  • 2022年に幸運を呼び寄せる「言葉遣い」とは

    皆さんは2022年の目標を決めましたか? 私の目標は、 「常にポジティブな言葉を使い、心地よい気分でいることを選択する」 です。 この目標を立てたのは、私が人生…

  • 驚くほど心が軽くなる「自己暗示」のやり方

    日本ホリスティックアカデミーでは ・心理療法 ・ヒプノセラピー(催眠療法) などを脳科学として教わり、私はヒプノセラピストの勉強をしました。 もともとアメリカ人…

  • 不思議な体験ができる「催眠療法」との出会い

    昨年足を骨折して車椅子生活を余儀なくされた時、最初の激痛を伴う時期が過ぎると、今まで忙しく動き回っていた『マグロ族』の私を待っていたのは、家から出ることもままな…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。