子どもが自立した時は親の人生が変わる時

2018.07.25 Wed

子供達が小さかった頃、たくさんの理想や夢を掲げて
『将来こんな家庭にしたい!』
と努力していました。
限られたお金と時間の中で奮闘していたのですが、楽しかった思い出がたくさんあります。

お金のなかった時代でしたから、ネガティブな記憶が多くてもおかしくありませんが、いろいろな工夫をして、おもしろくて楽しいことをたくさんしてきたのだと思います。
そんな記憶があることは幸せです。

でも少し前に、自分が『理想の家庭』を子どもたちと作れる期間は、子供達がそれぞれの家庭を持つまでだと気づきました。

こんな感じの家が欲しい。
こんな家具があったらいい。
こんな感じでみんなで集まれたら。

こうした理想は、子供達それぞれが家庭を持ち、パートナーができると少しずつ変化していきます。
彼らは彼らで自分たちの理想に向かってライフスタイルを築いていくからです。

私自身、常に子供のため、夫のため、社員のため、会社のためと、頑張ってきたのですが、もう彼らは私がいなくても自分自身で生きていけます。
ここから先は、私は自分自身のために生きていくことにしようと心に決めました。

旅行は私の人生のエッセンスです。
今年もアフリカに行きますが、来年はデンマークの友人とヨーロッパをあちこち旅行しようと思っています。
昔の友達に会いに行く旅行も良いかもしれません。
そう思うと、今までとは違ったワクワクに満たされます。

関連記事

  • 4月8日は入学式の日。桜の花言葉

    4月8日は入学式の日でした。 海外は9月始まりですが、日本は桜の咲く時期でとても象徴的です。 桜の花言葉は「精神美」「優美な女性」「純潔」という意味。 「精神美…

  • 年末年始のホテルステイで渡す「お年玉」とは

    子供達がパートナーを連れて戻ってくるようになってから、年末年始は終日お料理に明け暮れる超多忙な時期となりました。 買い出しに行っても、冷蔵庫はすぐに空っぽに。 …

  • システム手帳の思い出

    年末の大掃除の時に、昔のシステム手帳が出てきました。 いつもこのシステム手帳を後生大事に小脇に抱え、営業に出ていました。 そのシステム手帳に記載されている内容や…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。