本物に触れることは、感性を磨くこと

2018.04.18 Wed

私が仕事に200%の勢いで向き合っていたころ、
「そろそろ娘には美しいものや素敵なものをたくさん見せていこうと思うの。そうしないと、いくら口で言っても理解できないと思うから」
と友人が言っているのを耳にして、子育てについて改めて深く考えました。

子供をどのように育てるか。
豊かな感性を持った、深みのある人間に育てるには、単純に良い成績を取らせて良い学校に進学させることが正解ではないと思います。

私自身は公務員の家庭に育ち、父は教育者、母は主婦。
ごく平均的な環境で育ちました。
父は事故を恐れて車の運転はしませんでしたし、母は車酔いがひどかったため、私たちの生活圏は他の友達の生活圏よりも狭いものでした。

実家を離れてカナダに留学してから自分自身の世界が一気に広がりました。
その後JETROの輸入専門家として北米、オセアニア、ヨーロッパを渡り歩き、さらに世界が広がったのです。
たくさんの展示会を周って多くの商品と出会い、文化知識が豊かになっていきました。

オルセイ美術館にて。
ゴッホの自画像を近くで見ると、新たな感動があります。


1857年にミレーが描いた有名なThe Gleaners.
もっと大きな絵画なのかと思っていました。


やはり本物に触れることは、感性を磨くことにつながります。
そして幅の広い「良いもの」に触れることも、人の幅を広げることにつながるのではないかと思います。
食事も、芸術も、スポーツも同じ。
「本物、良いものに触れること」は、生涯を通じて積み重ねられるもの。
ぜひ今から本物や良いものに触れる機会を増やしてはいかがでしょうか。

関連記事

  • 世界唯一のエンペラー・天皇陛下の継承問題

    日本の皇室が世界で一番長く続いていると言われています。 世界中にキングやプリンスはいますが、エンペラーという称号で呼ばれるのは日本の天皇陛下だけです。 ただ、問…

  • iPadの授業やChat GPT のセミナーで驚いたAI時代の波

    若い頃、よく祖母がテレビを見ていて 「いまの歌番組に出てくる人たちはみんな同じに見えて、誰が誰だかよくわからないよ」 「全く次々に新しいことが出てきて私は時代に…

  • 臓器ドナーが歩くHonor Walk(名誉行進)とは

    皆さんはHonor Walk(名誉行進)をご存知でしょうか? 海外、主に北米で死亡した人が臓器ドナーとして臓器提供をしてくれる際に、病室から手術室までの道のりを…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。