オランダ人の気質から学んだこと

2018.03.02 Fri

オランダに初めて行ったのは、もうかれこれ20年以上も前のことです。ある日本のソフトウエアーの会社がオランダのソフトウエアーの会社からライセンスを受け、最新のソフトウエアーを国内で販売するというプロジェクトがきっかけでした。

相手の会社はオランダのユトレクトというところにありました。アムステルダムから高速に乗り、車で約30分の距離にある中核都市です。この会社の従業員は、皆IQがとびきり高い人ばかりを寄せ集めた会社で、非常にユニークでした。

社長はユダヤ人で、奥さんと私が同じ年。奥さんは医者の資格を取っている最中でしたが、プライベートの時間も一緒に色々なことをしました。
そして、その社長の家には19歳のマレーシア人の女の子が住み込んでいました。
オランダでは香港やタイ、マレーシアから多くのベビーシッターを受け入れています。ベビーシッターは10代後半の女の子ですが、しっかりとしたルールに則って管理されていました。
当時3人分の子育てに追われていた私は
「こういう住み込みのベビーシッターがいたら、どれだけ働くママが救われるだろう」
と思いました。

オランダ人はヨーロッパの中でも背が高いことで有名ですが、倹約家でもあり、彼らのお昼などは非常に質素です。
滅多に外食はしませんし、節約意識が高いのです。
そんな彼らですが、世界のどこかに困った人がいるなら、募金をするのは当たり前。
普段の倹約家としてのお金の使い方からは想像できないくらい気前よく募金します。

アンネの日記でも有名なオランダ。
そんなオランダ人の気質に尊敬の念が絶えません。

関連記事

  • 世界唯一のエンペラー・天皇陛下の継承問題

    日本の皇室が世界で一番長く続いていると言われています。 世界中にキングやプリンスはいますが、エンペラーという称号で呼ばれるのは日本の天皇陛下だけです。 ただ、問…

  • iPadの授業やChat GPT のセミナーで驚いたAI時代の波

    若い頃、よく祖母がテレビを見ていて 「いまの歌番組に出てくる人たちはみんな同じに見えて、誰が誰だかよくわからないよ」 「全く次々に新しいことが出てきて私は時代に…

  • 臓器ドナーが歩くHonor Walk(名誉行進)とは

    皆さんはHonor Walk(名誉行進)をご存知でしょうか? 海外、主に北米で死亡した人が臓器ドナーとして臓器提供をしてくれる際に、病室から手術室までの道のりを…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。