オランダ人の気質から学んだこと

2018.03.02 Fri

オランダに初めて行ったのは、もうかれこれ20年以上も前のことです。ある日本のソフトウエアーの会社がオランダのソフトウエアーの会社からライセンスを受け、最新のソフトウエアーを国内で販売するというプロジェクトがきっかけでした。

相手の会社はオランダのユトレクトというところにありました。アムステルダムから高速に乗り、車で約30分の距離にある中核都市です。この会社の従業員は、皆IQがとびきり高い人ばかりを寄せ集めた会社で、非常にユニークでした。

社長はユダヤ人で、奥さんと私が同じ年。奥さんは医者の資格を取っている最中でしたが、プライベートの時間も一緒に色々なことをしました。
そして、その社長の家には19歳のマレーシア人の女の子が住み込んでいました。
オランダでは香港やタイ、マレーシアから多くのベビーシッターを受け入れています。ベビーシッターは10代後半の女の子ですが、しっかりとしたルールに則って管理されていました。
当時3人分の子育てに追われていた私は
「こういう住み込みのベビーシッターがいたら、どれだけ働くママが救われるだろう」
と思いました。

オランダ人はヨーロッパの中でも背が高いことで有名ですが、倹約家でもあり、彼らのお昼などは非常に質素です。
滅多に外食はしませんし、節約意識が高いのです。
そんな彼らですが、世界のどこかに困った人がいるなら、募金をするのは当たり前。
普段の倹約家としてのお金の使い方からは想像できないくらい気前よく募金します。

アンネの日記でも有名なオランダ。
そんなオランダ人の気質に尊敬の念が絶えません。

関連記事

  • ラジオ高崎の夕方ワイド番組『Air Place』の魅力

    ラジオ高崎の夕方ワイド番組『Air Place』内で、専門家にお話を聞く『大人の学校』に出演させていただいています。 私にとってとても楽しいお仕事です。 最初の…

  • 外国で暮らす日本人の「老後の人生」

    小さな頃から海外に憧れていた私は、ひょんなことからカナダに留学することになり、通算8年半ほどブリティッシュコロンビア州の大学で学び、現地で仕事もさせてもらいまし…

  • 地鎮祭とは?自然を崇拝する文化の広がり

    2022年8月10日は新社屋のための地鎮祭でした。 とても良いお日柄だと勧められてその日の10時にしましたが、午前とはいえ炎天下で、テントを張ってなかったら気分…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。