心地よい植物の飾り方

2017.08.23 Wed

私は以前から多くの観葉植物を家の中に飾っています。
ガジュマルやベンジャミンやファーンなどにお水をあげるのが週末の楽しみです。

ある日、気功の先生をしている友達が遊びに来た時のこと。
その友人が私にこう言いました。
「良子さん、あまり多くの植物を部屋の中に置いておくのは良くないのよ」
「どうして?」
「植物は人間のエネルギーも必要としているから、自分が弱っている時など逆効果なのよ」

こんなことは聞いたことがなかったので、驚きました。

ただ、夫がカナダに行き、1月近く家を空けた時、ふと気づくと、私たちのベッドの両脇にある2本の木のうち、私の側にある木の方が元気で青々と茂っているのに、夫の側の木は元気がなくなっていたことがあります。
全く同じお手入れをしていたのに違いが出ていたので、この時はその言葉を思い出しました。

その一方でNASAのClear Airの研究によると、室内に置いてある植物は、頭痛の原因となると言われているトリクロロエチレン、ベンゼン、ホルムアルデヒド、アンモニア、キシレンなどの有害物質を除去する力があるという結果が出ています。

こうしたことを踏まえると、大切なのは数でなくバランス。。
植物に限らずすべての物事は全てバランスが欠かせません。
あまり多く置かずに適度な量の植物を置くのであれば、心地よい暮らしが叶います。

関連記事

  • No Image

    仕事しながら運動できる健康アクティブボード「ジンバ」

    皆さんは1日にどのくらいの時間座っていますか? 事務系の仕事をしている人は、ほとんど椅子に腰掛けていませんか? 世界20カ国で1日に座っている時間を調べたところ…

  • 日本と違う、海外のコロナ事情

    一都三県に緊急事態宣言が出るという状況の中、海外の取引先や友人から聞く海外のコロナ事情は日本とかなり異なります。 ドイツの場合、政府の出す指示が明確です。 『学…

  • 一番思い入れがあるデンマークの寝具

    アペックスを卒業してから振り返った写真のなかで、一番思い入れがあったのがこれらの寝具です。 JETROの短期専門家としてデンマークに派遣されたときに「Jorck…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。