歳を重ねても健康な目を保てる正しいアイケア

2017.07.15 Sat

現代人にとって目の健康は死活問題。

パソコンやスマートフォンで日々目を酷使していて、眼精疲労に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

 

アイマスクやアイピローなどのアイテムを活用して疲れた目を労わっている方もいます。

ドラッグストアをぐるりと巡るだけでも、リラックス効果のあるラベンダーの香りがするアイマスクや、冷たいアイピローなど、バラエティに富んだアイテムが目に入ってくるでしょう。

 

こうしたアイテムを活用するのも悪くありませんが、目はそもそもタンパク質でできているものです。

目が疲れた時に冷たいアイピローを使うととても気持ち良く感じますが、こうした気持ち良さは脳で感じている感覚なのだそうです。

本来目の疲れを癒すためには、冷やさずに温めた方が良いとのこと。

 

こういうことは専門家に聞かないとわかりませんが、誰でも40歳前後で老眼の傾向があらわれ、近くのものが見えにくくなります。

そういう人は気持ち良さだけを追求せずに、目にとって何が良いのかを十分に理解してアイケアしましょう。

関連記事

  • ラジオ高崎の夕方ワイド番組『Air Place』の魅力

    ラジオ高崎の夕方ワイド番組『Air Place』内で、専門家にお話を聞く『大人の学校』に出演させていただいています。 私にとってとても楽しいお仕事です。 最初の…

  • 外国で暮らす日本人の「老後の人生」

    小さな頃から海外に憧れていた私は、ひょんなことからカナダに留学することになり、通算8年半ほどブリティッシュコロンビア州の大学で学び、現地で仕事もさせてもらいまし…

  • 地鎮祭とは?自然を崇拝する文化の広がり

    2022年8月10日は新社屋のための地鎮祭でした。 とても良いお日柄だと勧められてその日の10時にしましたが、午前とはいえ炎天下で、テントを張ってなかったら気分…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。