日本とデンマークの国交150周年を迎えて思うこと

2017.06.17 Sat

2017年は、デンマークと日本の国交150周年を迎える年です。

先日デンマーク大使館での女王陛下のお誕生日を祝う会に参加した時、デンマーク大使がこうおっしゃいました。

 

「日本とデンマークの国交が今年で150年を迎えます。女王陛下は今年で77歳を迎えられ、150年に及ぶ日本とデンマークの歴史の半分を生きていらっしゃる。日本とデンマークの国交がそれだけ続いていると思うと、長い歴史を感じます」

 

今年はデンマークの皇太子ご夫妻が日本にいらっしゃいます。

そして安倍首相がデンマークを訪れる予定になっているそうです。

 

今から150年前と言ったら、大政奉還の時代。

明治時代より前、まだ薩長同盟が行われています。

 

そんな昔に日本とデンマークの間に国交があったというのは、驚きに加えて、ロマンすら感じます。

当時は帆船を使って海を航海していたと思いますが、昔の人々の生命力の強さ、そして新しいものへの強い好奇心に敬服します。

 

2017年4月18日、デンマーク大使ご夫妻を囲んで。

関連記事

  • 大好きな先輩とのお別れ

    実業家・政治運動家・エッセイストの浜田麻記子さんと出会ったのは、2013年のこと。 当時軽井沢のリゾートスタイルのアンバサダーを務めていたとくこさんが、麻記子さ…

  • 時間の体感速度はなぜ変わる?隠された老化予防のヒント

    みなさんは子供の頃、1日が本当に長くて、たくさん色々なことをして遊んだ気がしませんか? 夏休み=ものすごく長いお休みという記憶がありませんか? 一方で「歳をとる…

  • ロシアのウクライナ侵攻がビジネスに与える影響

    ロシアのウクライナ侵攻は、ビジネスにおいても他人事ではありません。 コロナ禍の経済活動の縮小に追い討ちをかけるように、この戦争は大きな影響を及ぼしています。 日…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。