裏切られ落ち込んだ時、私を支えてくれたもの

2017.05.24 Wed

かつて「絶対に私を裏義ならいはず」と信頼していたものがあります。
ところがそれに裏切られた時、例えようがないくらい大きな衝撃を受けました。

「私の思いは一方的で、裏切らないと思った私が馬鹿だった」
とわかった瞬間でもあります。

人間というのは、自分勝手に解釈するものです。
自分から見た世界と、実際の世界には大きな隔たりがあるのです。

自分の「良い」は必ずしも相手にとっての「良い」ではなく、自分の信じている「事実」はあくまでも自分が作り出した「事実」なのです。
決してそれは現実と一致しないのです。

だから、自分自身の信じている「事実」を過信してはいけません。
それはとても危険なことです。
最近私は身をもって経験しました。

でもそんな時、めげている私を励ましてくれる友人の存在がにも感動しました。
年齢も性別も関係なく私を大切に思ってくれる仲間。
私が寂しくてどうにもならない時に、そっとハグをしてくれた友人。
私の心が折れそうだった時に、手を握ってくれて
「やまない雨はないよ」
と言ってくれました。
そんな友がいなかったら、今の私は一体どうなっていることか。想像もできません。

人間は、とても弱いものです。
一人では生きていけません。

友人は、本当にありがたい存在です。

関連記事

  • うらやましくなるフィンランドの少子化対策

    フィンランドは北欧諸国の中でも子育てに手厚い制度が整っていることで知られてきましたが、近年出生率が下がっているというニュースを聞くようになりました。 女性がキャ…

  • ケンタッキーフライドチキン・カーネルサンダース氏の裏話

    テレビを見ていると、よくケンタッキーフライドチキンのコマーシャルが目に止まります。 ケンタッキーフライドチキンの生みの親であるハーランド・デイヴィッド・サンダー…

  • 献血は社会的責務?北欧諸国の献血事情

    私の知り合いに、以前家族が手術を受けた際、血液が足らなくて大変な思いをした人がいます。 彼はそれ以来、毎月一回は必ず献血に行くようにしているそうです。 スウェー…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。