海外で働いて気付いた「グローバルな働き方に必要なもの」その3

2017.02.01 Wed

前回に引き続き、「海外で仕事をするために必要な要素」をシェアしたいと思います。
今回は、海外企業のシビアな評価についてです。

StockSnap_OERP9XI9YB

日本社会というのは、どちらかというと「温情型社会」です。
大きな失敗をしたスタッフやなかなか数字が上がらないスタッフがいても、すぐにクビにはしません。
「チャンスを与えて再度頑張ってもらいたい」
という考えが多くの企業の中に存在すると思います。

 

しかし海外の場合は、ある意味「実情型社会」です。

大きな失敗をしたら、会社も「わかっているよね」と解雇通知を言い渡します。
クビにされる側のスタッフも、「仕方がない」と受け止めます。

なかなか数字が上がらないスタッフには、日本ほど長い猶予を与えてくれません。

 

解雇を言い渡した当日に即退社という企業もあります。
よく映画で見るような
「小さめの段ボールに自分の持ち物を入れて一人寂しく会社を去る」
スタッフの姿を何度か目にしました。

 

海外には日本とは異なる自由な社会があるように見えるかもしれません。
しかしその反面、日本よりずっとシビアなルールや現実があることも理解をしておいた方が良いでしょう。

【お知らせ】
東京都における、新型コロナウイルスの急激な新規感染者の増加状況に鑑み、
残念ながら、2022年1月10日(祝)のお茶会は延期することにいたしました。
また落ち着きましたら、改めて開催させて頂きたく思います。

関連記事

  • お金がどんどん入ってくる。起業してわかった『宇宙の法則』の魔力

    会社を作ったばかりでまだ起業家として日々奮闘していた時期は、資金繰りにとても苦労しました。 起業の先輩からは 「とにかく取引先への支払いが最重要で、次に重要なの…

  • 年の瀬のご挨拶

    海外出張に出かけると、日本に戻る飛行機の中で今後の計画についていろいろと考えるのが習慣でした。 上空から見える富士山を確認すると、いつも新しいエネルギーが満ちて…

  • さまざまなチャリティーで社会貢献して、見えてきたこと

    欧米では「自分自身ができる範囲で他者を助ける」という社会貢献が、社会のメンバーとして必要だと認識されています。 私も小さな頃はガールスカウトに入団していたので、…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。