この一年を振り返って、私が気づいたこと

2016.12.31 Sat

大晦日ですね。
気がつけばもう今年も本日で終わりです。
この一年は今までとは違い、大きな変化を迎えた年でした。

img_4871

私は「人生において、自分自身のベースとなる核の部分は不変・不動だ」と信じてきました。
しかし決してそうではなく「生きている限り、予想だにしないことが起こりうる」と認識したのです。

そのため常に前向きで明るいはずの私が、数ヶ月間深く悩み、深く傷つきました。

その中で気づいたことは、
「いくら悩んでもどうにもできないことからは、一日も早く自分自身を引き離そう。本来あるべき自身を取り戻し、一歩一歩前進していくことが、結果自身の幸せに繋がるんだ」
ということです。

今までの私は、常に夫・家族・部下・仲間・友達など関わる人々のために、少しでも貢献できる人間でありたいと願ってきました。
それが宇宙の法則として、結果自分自身の幸せとして戻ってくるとも信じていました。

しかし「これからの人生は、もっと自分自身を大切にすることも必要なのだ」と気づきました。

ですから、今年は自分自身の夢のためにお金を惜しみなく使いましたし、またそこから多くの新しい出会いや喜び、希望が生まれました。
年末を迎え、深く傷ついた自分自身の心に耳を傾けたら、「もう大丈夫!」という声が聞こえてきました。
そして新しい年の展望を考えられる状態にもなったのです。

そんな『気づき』の多い一年だった気がします。
みなさまも、良いお年をお迎えください。

関連記事

  • うらやましくなるフィンランドの少子化対策

    フィンランドは北欧諸国の中でも子育てに手厚い制度が整っていることで知られてきましたが、近年出生率が下がっているというニュースを聞くようになりました。 女性がキャ…

  • ケンタッキーフライドチキン・カーネルサンダース氏の裏話

    テレビを見ていると、よくケンタッキーフライドチキンのコマーシャルが目に止まります。 ケンタッキーフライドチキンの生みの親であるハーランド・デイヴィッド・サンダー…

  • 献血は社会的責務?北欧諸国の献血事情

    私の知り合いに、以前家族が手術を受けた際、血液が足らなくて大変な思いをした人がいます。 彼はそれ以来、毎月一回は必ず献血に行くようにしているそうです。 スウェー…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。