一番リラックス出来る、1.5畳の最高の空間。

2016.09.08 Thu

私の夫はアーティストで、とても几帳面な人です。
結婚した当時から、とにかく全てのものが所定の位置に置いていないと気が済まず、整理整頓もさることながら、自分が生活する空間のあり方にもこだわりがあります。

私自身もインテリアに興味があり、アートやクラフトにもかなり精通してきましたが、夫の方がプロであるという観点から、常々夫の意見を尊重してきました。

そして最近の夫の口癖がダウンサイジング。
余分なものを持たないで、断捨離をし、シンプルなライフスタイルを送りたいというのです。
私も断捨離は必要だと思いますが、生活にゆとりが出てきて、目も肥えてくると、そろそろ自分の好きなものを集めて自分自身の生活空間を楽しみたいとも感じるようになりました。

新しい家を作ったのが今から4年前のこと。
遊びのない完璧なインテリアが少々物足りなくなった私はどこかに出るたびに、ちょっとづつ自分の好きなものを集めるようになりました。

ところが問題は、夫がそれを飾ったり、置いたりする場所にいちいちコメントをすること。

私のスペースが欲しい。。。。そう思い、少しづつ私らしく色々なものを飾り付け初めて、夫から一切クレームが入らないと気づいたのが、1Fのゲスト用のトイレでした。たった1.5畳のトイレスペースですが、今ではとても可愛らしい私のお城になりました。

IMG_6769

このリトグラフは、有楽町の国際フォーラム前にあるアートショップで、どうしても欲しくて買ったものです。
小さな男の子が釣り船から糸を垂れていて、その下から人魚の可愛らしい女の子がボートを見上げています。色合いも可愛らしくて、夢があるのでとても気に入っています。

 IMG_6766
これは人魚のモビールで、確かカナダのギフトショップで見つけたものです。
大きさ的には25CMほどしかありませんが、動きが可愛らしいので、大切にしています。

IMG_6767

リヤドロの人魚の置物。可愛らしくて、欲しかったお品。スペインで手に入れたベネチアンガラスのブルーの壷。
そしてペットのベタ。ブルーが美しいベタのオスと、ちょっと地味目なメス。 

IMG_6768

そして、もう一つ。大切にしているこの絵は、エンジェルが空で「流れ星」を虫取り用の網で捕まえようとしている絵で、軽井沢で有名なトニーさんが描いたもので、
『Catch a falling star』という作品です。流れ星を捕まえるという発想。そして地上では水に映った流れ星をやはり捕まえようとしているキャラクターがキュートに描かれています。
 

関連記事

  • 北欧風のライフスタイルを楽しめるキャンドルの使い方

    自著『デンマークのシンプルで豊かな暮らし』(大和書房)で「デンマーク人が世界で一番キャンドルを消耗する」と書きましたが、北欧に来て 「北欧の人々は明かりや火を生…

  • 2年半ぶりのヨーロッパ出張レポート

    2022年8月、久しぶりに海外出張をしました。 最後にヨーロッパ出張をしたのは2020年3月で、約2年半ぶりです。 今回はスウエーデンのFormexというライフ…

  • アーティチョークの花咲かせレポート

    アーティチョークを育て始めた私。 無事にかなりの数のアーティチョークが実り、ボイル料理をしました。 どんな花が咲くのか見たかったので、いくつか実を残して 「どん…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。