部下も上司を人事評価する会社にした理由

2016.06.11 Sat

私の会社では、以前から賞与は現金で渡す習慣があります。
賞与支給時にそれぞれのスタッフを呼び、面談をするチャンスでもあります。
それに先立って、各スタッフの査定をします。
 
各部課長がスタッフを査定するわけですが、ある時一人の課長がかなり厳しい査定をしていると感じました。それと同時にその課長自身、ちょっと問題があると感じていたので、何か良い方法がないか?と考えていて思いついたのが、上司査定を部下がしたらどうなんだろう?と思いました。
 
上司は部下に対して言いたいことをほとんどの場合言えますが、部下は上司に対して言いたくても言えないという状況が多々あると思います。
 
無記名にし、しかもコンピューターからのプリントアウトなら、筆跡もわからず、誰が書いたか上司もわかりません。取締役の机にクリアーファイルを用意しておいて、そこに期日までに査定を入れるようにしています。
 
各部課長にそのフィードバックを見せたところ、反応は、まちまちでしたが、ある課長がこう言いました。
「何を言われたところで、『ああ、そういう意見もあるんだな。でもだから何?』と思いました。」と、ちょっと小馬鹿にしたようにコメントしました。
 
その課長の言葉を聞いて、ある意味私はまた違ったショックを受けました。
聞きたくないこと、自分への評価を、簡単に、『だから何?』といういかにもバカにしたような一言でバッサリと切り捨てる、これはとても危険なことです。
 
「ねえ、もっと謙虚になろうよ。自分の聞きたくないことを言われたら、『だから何?』と思ったのでは、何の進歩もないと思う。やはり上に立つ人は、もっともっと謙虚でいることを意識しましょう。」と諭しました。
そして、「もしもあなたの部下が、あなたの言うことに対して、『あ、そう、だから何?』と言ってしまったら、部下には何の成長もないよね」と。
 
そういうやりとりを何回か経験するうちに、今では上司も部下もお互いについてお互いの評価をすることは有益だと感じ始めています。
時には、部下の経験値の浅さから上司のよかれと思った配慮を理解できないための批判もあります。でもそういうことも含め、部下の真意を知る機会というのは、とても有益だということがわかりました。

関連記事

  • コロナ禍で長年続いた紙文化の終わりを感じた話

    今まで本当に多くの契約書を交わしてきましたが、日本はほぼ100%紙でした。 印鑑を押して契約書を二部作り、双方で一部づつ保管するというもので、場合によっては収入…

  • 脳のアンチエイジングに何より大切なことは?

    大好きな思い出の映画は、イギリスの『小さな恋のメロディー』。 マークレスターとの可愛らしい恋の物語です。 ジャックワイルドがとても良い味を醸し出していました。 …

  • 2か月の怪我生活で身についた新しい習慣

    4月に左足の骨折と右の顔面打撲という大けがをし、日常生活もままならなくなりましたが、車椅子、松葉杖、クラッチと少しづつ回復。 8月5日に怪我してから初の都内出張…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。