仕事の失敗を、将来の信用に変えるためには?

2016.06.18 Sat

私が仕事上で、失敗したことは、書き始めたらきりがないくらい沢山あります。
その都度、「ああ、もう私の人生は終わりだ。」と思うくらいの自責の念と、自分自身に対する嫌悪感。
そして、自分自身をこの地球上から無くしてしまいたいと思うくらいの絶望感を感じたのが記憶に残っています。
 
でも今になって思えば、私自身まだこうして生きていて、自分が存在していた世界から抹殺されてはいません。
つまりいろいろあったけれど、それなりに対応し、それなりに自分の道を継続してきたのだと思います。
 
去年起こった大変な失敗談と言ったら、うちのスタッフが某有名タレントさんの事務所に、内輪のやりとりが書いてあるメールをすべて添付して送ってしまったという事故が思い出されます。
 
イベント前日の夕方、失敗の起因となったスタッフから電話が。
「芳子さん、本当にごめんなさい。すべてのやりとりがついたメールを送ってしまいました。」
という彼女。
 
メールを確認したところ、
「あ〜〜あ。これを読んだら、担当者は怒るだろうな。」という内容のメールでした。
 
私に何ができるだろうか?
失敗の経験の多い私は考えました。
逃げるわけにはいきません。
単純に、「ごめんなさい。」と謝るしかありません。
 
イベント当日は、針のむしろでした。
某有名タレントさんも、そのマネージャーさんも、不快感丸出し。
かといって、告知をしてある以上、お客様は見えます。
笑顔を欠かさず、対応するしかありません。
何と長い午後だったことか。
 
いろいろな失敗をしたことのある私にしてみると、失敗そのものが人生の終わりにはならないということ。
どんなにひどい失敗だと思えたところで、後になって思えば、さほど大きな失敗ではないということがわかっています。
 
一番重要なこと、それは逃げ出さないということではないかと思います。
何か不都合があったとしても、そこに根を張り、トラブルに対応するその態度。
それ自体が、将来的に、信用という形で、戻ってくるのかと思います。

関連記事

  • コロナ禍で広まりつつあるフィンランドの精神「SISU」

    北欧というと、一般的にはスウエーデン、ノルウエー、デンマーク、フィンランドを指します。地理的にも近く気候も似ているのでひとまとめされがちですが、それぞれに独特の…

  • コロナで劇的な変化が生まれた展示会

    コロナは世界的規模の被害であり、多くの人々に強制的な変化をもたらしました。 歴史上、類を見ない出来事のひとつだと思い知らされる毎日です。 展示会にも大きな変化が…

  • 突然「狸の置き物」が家の前に置かれていた理由

    先日、我が家のエントランス横に狸の置き物が2つ置かれていました。 アペックスの入り口に置いてあった置き物です。 置きに来てくれた女性スタッフ二人からのメッセージ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。