二つ目の会社を起業して良かったこと

2016.04.23 Sat

私が二つ目の会社を起業しようと思ったきっかけは、講演会などをよく依頼されるようになったり、書籍の執筆をしないかと声がけをされるようになり、自分の活躍の場としてもう一つ会社を持っていても良いかもしれないと思い、10年前に株式会社アルトという会社を作りました。
それを期にコンサル依頼があれば、株式会社アルトの方で受けるようにしてきました。
 
41f0cAYTZeL
(出版した書籍:働く女の「経験ゼロ」の仕事力)
 
そのうちにアペックスの方に来る海外からのコンタクトやリードで、製品ではなく素材や原料の紹介などは、アルトの方で受けるようになり、アペックスはあくまでも出来上がった製品の輸入のみをするように棲み分けをしていきました。
 
そうこうするうちに、ドイツの新素材(世界特許)と出会い、それがアルトの企業としての成長を後押ししてくれました。
長年アペックスにて通販業界に携わっていると、かなり厳しい条件や仕様の中で、動くことを強制されるため、素材感があって、多少一つ一つが異なるというものなどはどんなに良くても販売できませんでした。
 
ジェトロの輸入専門家をして北米、オセアニア、北欧、ヨーロッパと集中的に展示会や企業を回り、またその後も多くの展示会を回るうち、通販業界では販売できないものの、世の中にある多くの素敵なものを紹介してみたいと思い始めました
また自分が選んできた『素敵』だと思うものに対するお客様の声を直に聞いてみたいと思い、2014年の4月に旧軽井沢テニスコート前にリゾートスタイル軽井沢という実店舗をオープンしました。
 
リゾートスタイル 外観
 
初めての実店舗は私たちにとって、学びや気づきが多く、お店を持って見て初めてわかることも多かったと思っています。

関連記事

  • コロナ禍で長年続いた紙文化の終わりを感じた話

    今まで本当に多くの契約書を交わしてきましたが、日本はほぼ100%紙でした。 印鑑を押して契約書を二部作り、双方で一部づつ保管するというもので、場合によっては収入…

  • 脳のアンチエイジングに何より大切なことは?

    大好きな思い出の映画は、イギリスの『小さな恋のメロディー』。 マークレスターとの可愛らしい恋の物語です。 ジャックワイルドがとても良い味を醸し出していました。 …

  • 2か月の怪我生活で身についた新しい習慣

    4月に左足の骨折と右の顔面打撲という大けがをし、日常生活もままならなくなりましたが、車椅子、松葉杖、クラッチと少しづつ回復。 8月5日に怪我してから初の都内出張…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。