休みたいの休めないと思っているとき、
つい見落としがちなこと

2016.03.09 Wed

西表島の件があってから、スケジュール表に、自分が休暇を取る期日を先に入れてしまうようにしています。
そうすることで、いままで「休めない、休みがとれない。」と嘆いていた悩みがなくなりました。
 
人間っておかしなもので、メンタルブロックが自分自身ではまったくわからないことが多々あります。
通常私のカレンダーにはオンエアーの予定など、2、3ヶ月前から予定が入り始めます。
ですからそれより前に、休暇をとりたい期日を決めて、ブロックしてしまえば、仕事は入りません。
そんな単純なことにも気がつかず、ひたすら仕事ばかりを優先していた私。
本当におバカさんでした。
 
そんな私が西表島後、最初にとった大型の休暇は、ニューカレドニアでした。
メトル島という小さな島のリゾートは、ラグーンの景色が絶景で、テレビのCMでみたような水上コテージに宿泊しました。
コテージのデッキには外階段がついていて、そこから海に入れます。

ニューカレド

そこではフランス語が公用語で、現地の本当に大きな女性たちが優雅な動きで仕事をしています。
怒鳴っているのは、ドイツ人のコックだけ。
アイランドタイムというのでしょうか?のんびりと生活をしている人たちは、料理が冷めようと、あまり気にしない様子。

ニューカレド2

そこで初めてのスパを体験しました。
施術する人が男性なのには驚きましたが、その人が施術後、私に言いました。
「あなた、今のまま体と心を酷使していると、早死にしてしまいますよ!」と。
 
「ダイビングをしなさい。そうすれば、自分の身の回りの安全のために沢山のゲージや機材に集中しなくてはいけなくて、仕事のことを考えていられなくなる。ジムへ行って、ランニングマシンに乗ったところで、いろいろなことが頭をよぎる。それではダメなんです。
とにかく日常のことを一切考えられない状況をつくること。それがあなたにとって、重要だと思う。」
と、一生懸命に英語で説明してくれました。
 
これがダイビングをしてみようと思ったきっかけになったことは事実で、彼の言葉には今でも感謝しています。

関連記事

  • 各国のコロナに対する反応が変わった件

    2月まで、デンマークの取引先は 「コロナは中国とかアジアの問題で、我々は大丈夫」 と全く気にしない様子でしたが、先日は 「人口の割に、ものすごく早く感染が広がっ…

  • 4月7日発売の『ミセス』取材で実感したすごさ

    先日、代々木上原のスタジオで4月7日発売の『ミセス』の取材がありました。 5月号なので「春らしい服装で」というリクエストがあり、思い切り春らしいお色でまとめてみ…

  • 意外と気がつかないストレスの兆候とは

    「体と心の関連性」については以前から興味があり、ときおり記事や書籍を読んできました。 ところが自分のことになると、勉強していても心の変化に気がつかないものです。…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。