自分の仕事はなぜうまくいかないのだろう
と思った時に伝えたいこと

2015.08.30 Sun

私が起業したての頃、常に心のどこかで、
「もしもこのビジネスが上手くいかなかったら、会社を閉めてカナダに帰ろう。」
と思っていました。

そのせいかカナダにあった自宅も人に貸したままで、手放なせず、
なにか大きな壁にぶつかるたびに、「今度こそカナダに帰ろうか?」と自問自答。
この状態が10年ほど続きました。

そんな悩める私に、友達が、当たると評判の占い師のおじさんを紹介してくれました。
といっても、このおじさん、お金は一切とらないそうで、きまった喫茶店で、
お茶代をご馳走するだけだとのこと。

それだけでは申し訳なかったので、菓子折りをもって高円寺まで出かけて行きました。

私の話を一通り聞いたところで、おじさんが一言。
「もしもあなたがビジネスにむいていなかったら、とうの昔に倒産しているよ!10年も続いているんでしょう?今の今から、保険を捨てなさい。そうすれば上手くいく。」

「カナダに帰る」という保険が常に私の企業人としての決断、判断を鈍らせていたのです。
展望さえも保険が霞ませていたことに気づかせてくれました。
目からウロコのアドバイスでした。

企業の生存率は設立1年で40%、設立5年で15%、設立10年で6%、設立20年では0.3%だそうです。

成功したいと思うなにかがある貴方、その成功に保険を掛けてはいけないのです。
『これしかない』という思いが、サクセスロードへ導いてくれるのです。

関連記事

  • 10月26日で、創業したアペックスを卒業します

    秋になると涼しくなり、ちょっと寂しい気持ちになります。 株式会社アペックスを起業してからの32年間、立派な会社に育て、そこで働く人々の幸せを願って頑張ってきまし…

  • コロナ禍で長年続いた紙文化の終わりを感じた話

    今まで本当に多くの契約書を交わしてきましたが、日本はほぼ100%紙でした。 印鑑を押して契約書を二部作り、双方で一部づつ保管するというもので、場合によっては収入…

  • 脳のアンチエイジングに何より大切なことは?

    大好きな思い出の映画は、イギリスの『小さな恋のメロディー』。 マークレスターとの可愛らしい恋の物語です。 ジャックワイルドがとても良い味を醸し出していました。 …

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。