老人ホームに遺された文から考える「老いたときの気持ち」

2020.08.26 Wed

老いはだれにでも訪れるものです。
少子高齢化社会になり、高齢者への接し方も見直すべきタイミングを迎えています。

スウエーデンの老人ホームであるお婆さんが亡くなり、職員がお婆さんの書き残したたくさんの文章を整理していたとき、次のような文を見つけたそうです。

「あなたたちは、私をただの老婆だと思っている。
あなたたちは、私がもう何も感じない物だと思っている。
でも私は、あなたたちと少しも変わらない心と感情を持っているって想像できる?
あなたたちにも老いはやってくる。
そのときに私の気持ちがわかるわ。」

日本と違って北欧の老人ホーム滞在期間は短く、できる限り一人で自立した生活を送ることが推奨されています。
この文章を書いた女性が老人ホームに入所したときには、介助されることが多かったのだと思います。
きっと耳が遠いだろうと思って介助する人が発した言葉や扱い方などが引っかかり、こうした文章を書き綴っていたのでしょう。

私自身、年齢とともに外見もだんだんと若い頃とは変わってきていることは意識していますが、気持ちの面では全く変わっていないと思うことが多々あります。
思いやる心はとても大切ですね。

関連記事

  • 大人になっても母からのお小遣いを受け取る理由

    母はここ十数年、私たち姉妹とそのパートナーの誕生日には『お小遣い』と称して1万円を送ってくれます。 体調が優れない母とはいつお別れがあるかわからないと思うと、全…

  • 死の直前に訪れる、不思議な「慈悲の時間」

    父は生活習慣病とも言える肺癌で、10年ほど前に亡くなりました。 荷物の整理をしていたら父が書いた挨拶状が出てきました。 5月29日に入院して抗がん剤治療をし、約…

  • 雨の日に思い出す、結婚式前の義母との思い出

    雨がシトシトと降り「寒いな〜」と感じる日、必ず思い出すことがあります。 それは私がまだ結婚する前、カナダの義母との思い出です。 カナダの結婚式には、小さくカット…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。