ストレスを和らげるフラワーエッセンスのすすめ

2020.04.29 Wed

愛犬・パブロくんを亡くして、本当にしばらくの間、悲しくて悲しくて仕方がありませんでした。
昼間は仕事に行くと気分が紛れますが、家に戻るとどうしてもパブロくんのことを思い出し、心が揺れます。

お友達の青木麻奈さんがそんな私の状況を察してくださり、オリジナルのフラワーエッセンスを調合してプレゼントしてくれました。
ラベルには、Heart Supporと書いてあります。
これを舌の下に7滴ほど垂らすように、とのこと。

フラワーエッセンスというのは、イギリスの医師エドワードパッチ博士が1930年代に療法として使いだしたもの。
博士は「様々な病の原因は、恐れ、不安、怒り、悲しみなど不安定な感情に起因することが多い」と考え、花にはこうした感情を癒す力が花にあるとし、療法として確立したと言われています。

アロマオイルなどとは違って、フラワーエッセンスは花の力を水に転写しているそうです。
ほのかな優しい花の香りが口の中に広がります。

それにしてもHeart Supportという名前が素敵です。
麻奈さんの優しさと思いやりを感じて、心がほっこりしました。

それと同時に、こういう友達を持てることはとても幸せなことだと改めて感じました。
みなさんもコロナ騒動で心身が疲れてしまったら、自分に合ったフラワーエッセンスを探してみてください。

関連記事

  • 思い出の椅子「Howdaseat」のストーリー

    建材以外で初めて扱った雑貨が「Howdaseat」という椅子です。 しっかりとコルセットのように巻きついて保護してくれるおもしろいアイテムです。 今でも市場には…

  • アペックス創業期の思い出

    年末にやっと少し時間ができ、アペックス卒業時に箱詰めしておいたファイルや写真の整理ができました。 写真を見ると、懐かしい思い出が蘇ります。 そんな思い出を写真と…

  • 取引先から「魔女」と呼ばれて

    会社を卒業し、取引先の方々からお手紙がたくさん届きました。 どれも心打たれるものばかりで、Nさんからの手紙もそうです。 Nさんとは長いこと、組み立て式の木製事務…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。